fc2ブログ










    キャベツ千切りでO26食中毒

    金沢市保健所は27日、富山県高岡、射水両市で製造された仕出し弁当が原因とみられる腸管出血性大腸菌「O(オー)26」の感染者が相次いだ食中毒で、弁当食材のうち、金沢市近岡町の野菜加工業者「ゆうき」(喜多智栄社長)が製造した千切りキャベツが原因と断定し、同社の第一工場を同日から3日間の業務停止処分とした。

     発表によると、同社は第一工場でキャベツを加工・殺菌した後、袋詰めにして高岡市の飲食店「グルメフーズ」と射水市の「新湊給食センター」に出荷。両施設で6~8日頃に製造されたキャベツ入りの弁当を食べた13人(男10人、女3人)が、腹痛や下痢などを発症した。キャベツは弁当製造日の前日に加工されたものだという。感染者は累計で19人。

     患者は全員回復しているという。金沢市保健所は「ゆうき」の従業員の検便や加工器具の検査などを行い、詳しい原因を調べている。

    2011年6月28日17時28分 読売新聞

    ///////////////////////////////////////////



    キャベツ自体が食中毒になることは殆ど無い。厳密に言えば、虫が寄生し卵を産み、それを食べた人の腸で繁殖した例はある。しかし、件数で言えばかなり少ない。

    裁断の作業を行った人が保菌者であったという疑いが第一で、次に、工場内の器具に菌が付着していた可能性。
    どこまで徹底したら良いのか、従業員に知らされていない場合も多い。また、納品先での利用が、全て加熱処理用とされる場合、管理体制も甘くなる傾向がある。

    食中毒の発生は、90%以上が外食である。これは、生食だけでなく、焼き物であっても転移している可能性や食べる側の配慮の無さも含まれて起きている。

    生食はほんとに危険なんだと、頭に叩き込むしかないだろう。そんなに生で食べたいのなら、魚を生で食えばいいだろうが。
    現在の日本は他国と比べて衛生管理は最先端の技術だ。しかし、それを持ってしても防げないのではないですか?


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 食中毒
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    03 | 2024/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    80位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    42位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR