fc2ブログ










    ぴあ:首都圏版7月21日発売号で休刊へ 72年創刊

     エンターテインメント情報誌「ぴあ」を発行するぴあ社は22日、同誌首都圏版(隔週刊)を今年7月21日発売号を最後に休刊すると発表した。雑誌としての「ぴあ」はこれで姿を消す。情報誌の草分けとして人気を博したが、チケット販売情報がインターネットにシフトしたため、販売部数が低迷していた。

     ぴあは、72年7月に創刊。コンサートなどエンターテインメント情報を求める若者のニーズに応えて部数を伸ばし、88年には53万部を発行。90年11月から週刊となった。しかしその後はネットに押されて部数が低迷。08年11月に隔週刊に戻し読み物を充実させる編集方針に転換していたが、最近は6万部まで落ち込んでおり、「時代の役割を十分全うした」(同社)として休刊を決めた。中部版は10年6月、関西版は同10月に休刊している。

     同社の売り上げに占める割合は約1割といい、業績への影響はないという。

    毎日新聞 2011年4月22日 11時38分

    ////////////////////////////////////



    情報誌「ぴあ」の休刊に関するお知らせ

    ぴあ株式会社は、エンタテインメント情報誌「ぴあ」(首都圏版)を、7月21日(木)発売号をもって休刊することを決定いたしましたのでお知らせいたします。
    【背   景】
    1972年7月に創刊し39年にわたり発行してまいりました「ぴあ」は、エンタテインメント情報誌の"草分け"として、映画・演劇・音楽・美術・スポーツ等のイベント開催スケジュールやチケット発売情報を提供してまいりました。

    創刊来、「ぴあ」は時代の変化とともに多様化する読者のニーズに応えるために、発行サイクルや誌面内容の変更を繰り返してまいりました。21世紀に入ると、デジタルネットワーク社会の到来により、メディア環境が大きく変化。インターネットを通じて大量の情報が世の中に溢れかえるなか、「ぴあ」は、情報を網羅的に提供する従来の編集方針を改め、著名アーティストや編集部のレコメンド情報を通じて読者を良質なエンタテインメントへと誘うべく、2008年11月に誌面内容を大幅にモデルチェンジするとともに、WEBサイトとの連携をより強めてまいりました。

    一方、「ぴあ」のエンタテインメント情報は、その他の出版物、チケット販売、インターネットサービス等、ぴあのあらゆるサービスを生み出す源泉となっており、今日の事業展開において欠かすことのできないコンテンツとなっております。


    【今後の展開】
    そして、この度ぴあは、成熟化するデジタルネットワーク社会に相応しい情報提供のあり方を見据え、情報誌としての「ぴあ」は時代の役割を十分に全うしたと判断。ぴあがぴあとしてさらに進化していくために、2011年7月21日(木)の発行をもって同誌を休刊することを決定いたしました。今後は「ぴあ」のエンタテインメント情報をベースとしたサービスのさらなる強化を図るとともに、新たなメディア・コンテンツの開発に努めてまいります。

    ぴあは、エンタテインメント領域のさらなる活性化を目指し、時代の変化に対応しながら、これからもさまざまなメディアを通じて良質なエンタテインメント情報を提供してまいります。

    プレスリリース 2011年4月22日(金)

    ////////////////////////////////////



    このニュース、表面的に受け止めると「時代の流れだな」と感傷的になるかもしれないが、
    多少の売り上げは前年度より落ちているとは言え、会社が傾くようなことはない。
    他の雑誌もどんどん追い込まれている状況で、休刊は「ぴあ」だけじゃない。

    ではなぜこんなニュースが流れるのか?

    ぴあは、興行や劇場、舞台開催等の情報誌で、それらの情報発信源として発展。
    それが「エンターテイメント情報」としての配信会社になっていく。
    月刊誌からスタートし、隔週刊、週刊、隔週刊に戻る。
    鮮度が高い情報を取り扱う側から、情報を作る側になっていく。
    他にも雑誌は発刊しているが、「ぴあ」はもはや紙媒体である必要が無くなって来た。

    その情報をみずから配信しているから、ニュースとして流れてくる。
    だから、ある意味、自作自演のエンターテイメント情報である。
    メディアは一応、記事にするだろう。「ぴあ」は雑誌だけでなく、幅のある仕事をしてきたから。


    少し感傷的なことを言うと、「ぴあ株式会社」という会社は雑誌の「ぴあ」発刊を機に設立で、
    会社名を冠した雑誌「ぴあ」が無くなってしまう事。
    これは、レストラン「すかいらーく」が、現在0店舗になってしまった「株式会社すかいらーく」と同じ。


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 社会ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    04 | 2024/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    58位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    32位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR