スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    裁判員裁判:男性裁判員を解任 居眠りが原因か 千葉地裁

    千葉県松戸市の女子大生殺害事件の裁判員裁判で、千葉地裁は22日までに、初公判から審理に参加していた男性裁判員を解任した。地裁は理由を明らかにしていないが、公判を傍聴していたハワイ大のデービッド・ジョンソン教授(法社会学)は「毎回居眠りをしていた」と指摘している。

     ジョンソン教授によると、冒頭陳述で居眠りに気付き、その後も続いたため、数日後に見かねて書記官に相談。傍聴人の間でも話題になり、ツイッターに「居眠りしすぎ」などと投稿があった。

     地裁によると、解任は21日付で、男性裁判員が自ら辞任を申し立てたとしている。

     ジョンソン教授は昨年7月に来日し、日本の刑事司法を研究するため、多くの裁判員裁判を傍聴した。「裁判官は裁判員を統制してはいけないが、居眠りについては正しく指導すべきだ」と話している。

    毎日新聞 2011年6月22日 23時09分

    ///////////////////////////////////////////



    居眠りで裁判員を解任。
    緊張感が無いのか?仕事を休んで裁判員をやるから、休日気分だったのか。
    裁判員を担当する事に乗り気でなかったか。
    やる気が無くて遅刻してきた例はある。途中で辞任を申し出てやめた例もある。

    居眠り裁判員に裁かれる犯罪に対し、容疑者・被害者の両方に対して、本当に失礼だ。
    こんな奴に裁かれたと思うと、遺族は腹立たしいだろう。

    「千葉県松戸市の女子大生殺害事件」とは、千葉県松戸市で09年10月、千葉大4年の荻野友花里さん(当時21歳)が殺害され自室が放火された事件のこと。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 気になったニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    偉そうなこと書かかれてますが、「裁判員はそもそも辞退を認められていない憲法18条違憲制度」であることを認識されていますか?

    辞退を選択しなかった人なら貴殿の批判も理解できますが、「辞退申請したにもかかわらず認められなかった」可能性を考えないのはなぜ?
     

    Re: No title

    法律でものを言っているのではありません。「居眠り」している人が審議していることに対して、真剣に取り組んでいるのか、許されることではないか、遺族に対して失礼ではないかと考えています。

    どのような理由で辞退を申し出たのか、どのように判断されたのかは公表されていませんが、少なくとも、法廷での態度を見ていた人は良い印象を持つ事は無いでしょう。




    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    231位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    101位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。