スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    名古屋港:高潮防波堤が2メートル沈下 国に改善求める

    名古屋港の入り口付近に国が設置した高潮防波堤が部分的に最大2メートル沈下し、東海・東南海地震などによる津波に対応できない恐れがあるとして、名古屋市と名古屋港管理組合は近く、国に改善を求める。河村たかし市長が20日の会見で明らかにした。

     この防波堤は、1959年の伊勢湾台風で高潮被害が出たため、国が60~64年に海岸や河口部付近など7.6キロにわたって設置した。

     建設当初は高さ約6.5メートルだったが、名港組合が09年に実施した調査で、木曽岬干拓地や名古屋港ポートアイランドなど埋め立て地部分が最大で約2メートル沈下していることが分かった。

     東海地震などが起きた場合、高潮防波堤は液状化により、さらに最大約3メートル沈下する可能性が指摘されている。津波予測は最大3.9メートルで、対応できない恐れがある。

     河村市長は「市民の安心安全を守るため、国に対して名古屋港の防災対策についてしっかりと相談したい」と話した。【福島祥】

    毎日新聞 2011年6月20日 14時13分


    ///////////////////////////////////////////



    6.5-2=4.5メートル
    4.5-3=1.5メートル(震災時)

    津波予測は3.9メートル。地震が起きた時に液状化で沈下し、津波が到来。
    意味の無い防波堤になってしまう。
    早期に対応しないとならないだろう。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 気になったニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    330位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    147位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。