fc2ブログ










    中国が輸入規制基準発表 山形、山梨を除外

    中国で食品の安全・品質問題などを担当する国家品質監督検査検疫総局は19日までに、福島第1原発事故を受け、日本産食品の輸入規制措置をしていた12都県の中から、山形、山梨両県を外すなど具体的な緩和基準を発表した。

     輸入規制をめぐっては5月22日の菅直人首相と温家宝首相の首脳会談で温氏が緩和を表明したが、中国側はその後、国内的には具体的な緩和基準を示さなかったため、実際には輸入は始まっていなかった。

     緩和基準によると、両県の輸入禁止措置を外したほか、規制が残る10都県を除いた37道府県については全輸入食品に課していた放射性物質の安全検査の合格証明書の添付義務を加工食品などで緩和。乳製品や野菜、果物、茶葉、水産物など生鮮食品に限定することにした。

     細部の詰めは必要だが、日中外交筋は「それほど遅くないうちに輸入は開始されるだろう」と指摘した。

    MSN産経ニュース 2011.6.20 00:24

    ///////////////////////////////////////////



    中国は意外と冷静で賢いな。
    全て解除とせず、県別に解除した。これは、放射線量と風向き、農産物の移行係数を考慮して判断したと思われる。
    フランスは日本からの輸入制限を県別にせずに解除したが、これは危険だと思う。
    日本政府のセールスアピールに乗ってしまった可能性が高い。
    もっとも、EU諸国内での対応は県別の対応もあり、ひとくくりには言えないが。

    都内(23区)産野菜だけでなく都下(市町村)の農産物からも、かなり高い放射線量を検知している。暫定基準値を超えていないから流通しているが、暫定基準値なんか信用していないので、そんなものは絶対食べない。それは、放射性物質検査の前に洗ったり加工して、実際の計測時は裁断しミンチ状態にして計測しているため、数値を下げる方法がいろいろと出来るからだ。「明らかに偽装だ」とは言えないが、正直言って、信用していない。
    それよりも、セシウムが500ベクレル/kg超えたかどうかを気にするより、数値として検知されること自体が問題だからだ。

    フランスに輸出した茶葉からは、1000ベクレル/kg以上の数値を検知している。このことから、「日本政府や農協・農家は、流通して売れてしまえはいい」と判断する体制だと思っている。
    フランスには申し訳ないが、こんなこともしてしまうのが現状の日本だと言うしかない。

    外食産業では、東日本産の野菜を使う傾向にある。これまでも東日本・西日本と大きく2つに分けて流通し、首都圏は関東地方・東北地方の農産物が流通する環境であるが、単価の下落から喜んで買い込んでいるチェーン店もある。これは、宅配業者に顕著になって来ている。
    宅配業者は、「らでぃっしゅ・ぼーや」「ヨシケイ」「CO-OP」等、複数の業者がある。これら全てを「クロ」とは言わないが、らでぃっしゅ・ぼーやは、独自の検査をしていると言うが暫定基準値内であれば宅配している。
    もう少し突っ込んで言うと、デルモンテは当初、福島県産のトマトを使用しないと言ったが、復興支援を鑑みて、暫定基準値を超えていなければ、セシウムを検知しても使用すると通達している。

    日々、個人が被曝しない努力をしていても、外食をしたら全て無意味に成りかねない。
    おかげで、外食する回数が殆ど無くなって、自宅で調理することが増えた。
    良い意味で、「自宅で食べること」を真剣に考えさせてくれた。
    もっとも、スーパーで並んでいるものが全て安全だと保障できるわけではない。


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 放射能ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    03 | 2024/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    80位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    42位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR