スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    福島第1原発:震災後の対応公表 連鎖的に事故深刻化

    福島第1原発:震災後の対応公表 連鎖的に事故深刻化

    東京電力は18日、福島第1原発事故の発生直後の対応状況についての調査結果を公表した。原子炉格納容器の圧力を抜く「ベント(排気)」や海水注入など、過酷事故を想定して策定した安全対策(アクシデントマネジメント)が機能せず、1号機原子炉建屋で3月12日に起きた水素爆発が、他号機の復旧作業の支障となり、連鎖的に事故が深刻化した様子が明らかになった。

     東電は、集めた証言やデータを基に、地震発生後の対応を号機ごとに時系列でまとめた。それによると、3月11日午後3時42分の全電源喪失から約1時間半後の午後5時12分、吉田昌郎発電所長がアクシデントマネジメントに沿って作業に入ったものの、さまざまな障害によって翌日午後2時半ごろまでベントに成功しなかったことが新たに判明した。

     1号機のベントに必要な図面は原子炉建屋から離れた事務本館にあった上、11日午後9時51分には建屋内の放射線量が上昇し入れなくなった。同11時50分ごろに格納容器の圧力が設計値を超えたため、翌12日午前0時6分、吉田所長がベント準備を指示。同午前1時半、菅直人首相の了承が得られたが、建屋内には煙のようなものが充満していて入れなかった。午前8時27分には、避難指示が出ていた地元・大熊町の一部住民の避難が済んでいないことが分かり、ベントを見合わせた。結局、ベント成功は午後2時半。1時間後の同3時36分には水素爆発が起きた。

     爆発により、隣接する2号機で注水やベント作業に当たっていた電源車が停止して再起動できず、3号機で14日起きた水素爆発でも消防車やホースが破損した。

     東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「電源喪失に余震もあり、非常に厳しい作業。アクシデントマネジメントの想定をはるかに超えた事故だった。まとめるまでに3カ月以上かかったが、今後の事故対応の検証や説明に生かしていきたい」としている。

    毎日新聞 2011年6月18日 23時31分

    ///////////////////////////////////////////

    ベント実施、官邸は了解も本社がストップ 東電が事故後対応公表

    福島第1原発事故で、東京電力は18日、東日本大震災直後5日間の詳細な対応経過をまとめた資料を公表した。吉田昌郎所長の指示により、原子炉への注水や格納容器のベント(排気)作業などを試みたが、高い放射線量や水素爆発など「アクシデント・マネジメント(過酷事故対策)の想定外の事象」(東電)に阻まれて作業が難航する中で、事態が悪化する様子があらためて浮かび上がる内容になっている。

     資料は関係者の証言を基に、地震発生から1~3号機が次々と水素爆発などを起こした3月11~15日の事実関係を時系列で、A4判で41ページに再構成した。政府が設置した第三者機関「事故調査・検証委員会」へも提出する。


    untitled_20110619131305.jpg
    福島第1原発2号機の原子炉建屋内部の空気を浄化するため設置された換気装置の仮設ダクト(左下)


     資料によると、1~3号機では地震発生から約50分後の3月11日午後3時35分に津波の第2波が到達、その2~6分後に全ての電源が失われた。中央制御室は停電し、原子炉水位などの状況把握ができなくなった。午後5時12分に吉田所長が「過酷事故」と判断し、消防車など非常用の注水方法検討を指示。作業員は構内からバッテリーを集めるなど、電源確保に奔走した。

     1号機では12日午前1時半にベント実施について菅直人首相らの了解が得られたにもかかわらず、1時間半後に予定されていた経済産業相らの発表後に実施するよう本店から情報がもたらされたことや、12日午後3時36分には、電源車による電源が復旧し注水準備が完了したと同時に建屋が水素爆発したことなどが、新たに判明した。

     また1号機のベント実施をめぐっては12日午前8時半前に一部の周辺住民が避難できていないことが分かったため、避難後に実施するよう調整していた。

     吉田所長はその後、2、3号機のベントも指示するが、作業が手間取ったこともうかがえる。所長の指示から各種作業の実施まで大幅に時間がかかった詳細な理由は記されていない。

     津波によるがれきが構内に散乱し、消防車などが通行できなかったり、電源喪失によって暗闇の中を現場確認するのに時間がかかったりしたことが、対応遅れにつながっていたことも、あらためてうかがえる内容になっている。

     1号機への海水注入をめぐっては、当初、官邸の指示で中断したとする話が出るなど情報が錯(さく)綜(そう)したが、資料には実際に何があったかのやりとりは記されていなかった。

    MSN産経ニュース 2011.6.19 00:20

    ///////////////////////////////////////////



    詳しくは東京電力が発表した「福島第一原子力発電所 被災直後の対応状況について」を見てください。

    かなり複雑で、同時進行で複数の対応作業が進められている。しかし、ここに書かれていることが全てではない。
    例えば、3月11日から12日にかけて電源車が集められて電源ケーブルを繋げようとしたら長さが足りず、次に用意した電源ケーブルでは電源プラグの形状が規格外だったことなど。

    詳細レベルはおいといて、全体の掌握として読むレベルです。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 原発事故
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    330位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    147位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。