fc2ブログ










    東日本大震災:ヤフオクに「被災証明」 「高速無料、5000円」

    東日本大震災:ヤフオクに「被災証明」 「高速無料、5000円」

    ◇「いわき市長発行」と説明
     福島県いわき市長発行との説明がある「被災証明書」が「ヤフーオークション」に出品されていたことが分かった。震災被災者らを対象にした高速道路無料化が東北地方で20日から始まるが、いわき市には「これを取得すれば使えるのか」という問い合わせなどが寄せられた。落札者はいなかったが、市の担当者は「被災者のための制度を悪用している」として警察に届け出ることも検討している。

     「証明書」が出品されたのは18日午前1時4分。出品者は「tamakoujou」と名乗り「先着9名様 この証明書があれば6月20日から1年間、常磐道水戸以北、東北道白河以北を無料で通行できます」などと記されていた。価格は5000円で、約5時間後に取り下げられた。商品発送元は埼玉県とされている。写真では市長の公印が確認できず、同市のホームページから印刷した可能性もあるという。

     いわき市危機管理課によると、被災証明書は市内で被災した人であれば申請時に被災状況などを説明したうえで、即日取得できる。無料化が報道された5月29日以降から申請が急増し、これまでの発行数は約10万通。

    毎日新聞 2011年6月19日

    ///////////////////////////////////////////

    停電だけでも被災証明書 全世帯に発行する自治体続出

    震災の被災者を対象に20日から東北地方の高速道路が無料化されることを控え、被災市町村の窓口で被災証明書の申請が相次いでいる。短期間の停電や断水を理由に全世帯に被災証明書を発行する市町村が続出。東北の全住民が「被災者」になりかねない勢いだ。

     高速料金は、料金所で市町村発行の罹災(りさい)証明書か被災証明書を示せば無料になる。罹災証明書は市町村が内閣府指針に沿って住宅などの損壊状況を確認して発行するが、被災証明書の発行基準は市町村次第だ。

     簡易に発行されるとあって、被災市町村の窓口には被災証明書を求める被災者が殺到している。福島県いわき市は市内で被災し、避難の可能性があれば発行する。9日に専用受付場所を設けた。30分待って被災証明書を手に入れた40代の女性は「原発事故が深刻になったら、すぐに高速で逃げ出せるようにと思って」。

    2011年6月18日19時35分

    ///////////////////////////////////////////



    「ヤフー」はガイドライン違反として同日、出品リストから削除した。
    18日午前1時過ぎに出品され、午前6時10分ごろ、出品者が自ら入札の受け付けを停止した。

    被災証明書は転入学や会社内の見舞金申請などの書類に添付する必要があり、1人で何枚も発行してもらうことができる。

    被災証明書の発行基準を明確にしないとならないだろう。
    高速道路の無料も、被災証明書と運転免許証の組み合わせでチェックする等の対応も必要。
    復興支援策が悪用されるのは許せない。


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 気になったニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    03 | 2024/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    80位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    42位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR