スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    ナマコの成長、ハゼが手助け・・・養殖推進へ道が実験

    ナマコの赤ちゃん(稚ナマコ)を育てる養殖水槽にハゼを入れると、ナマコの生存率が飛躍的に向上することが、道の研究でわかった。ハゼが稚ナマコの天敵の動物プランクトンを食べるためで、道は養殖の最大の難関を解決する研究成果として、7月から事業化に向けた大規模な試験に乗り出す方針だ。


    無題
    研究で使われたアゴハゼ


     中国で高級食材として珍重されるマナマコの平均価格は、檜山地方産で1キロあたり約5000円。10年前の10倍に高騰している。ただ、稚ナマコの養殖では、海水をフィルターで浄化しても天敵のプランクトン発生を抑えきれず、課題となっていた。

     道檜山北部地区水産技術普及指導所(せたな町)は、このプランクトンをエサにするアゴハゼに注目し、研究を開始。0・4ミリの稚ナマコ約4000個が入る水槽に、ハゼ20匹を入れて観察したところ、稚ナマコは3か月で通常の倍となる12ミリに成長。5か月後も8割が生き残った。ハゼを入れない水槽の稚ナマコは2か月で全滅するなど、対照的な結果が出た。

     北海道大水産学部の五嶋聖治教授(底生生物学)は「自然の摂理に合い、お金もかからない。面白い組み合わせだ」と話している。

    2011年6月16日 読売新聞

    ///////////////////////////////////////////



    自然の摂理を利用してナマコを養殖。
    人工的に作るのではなく、自然を知ること。
    人工的に自然の生育環境を作り、足りない部分を補って、生物の生育を手助けする。

    こういう形での養殖なら、食べる側も安心できる。

    成長を早める薬剤や、疫病にかからないように抗生物質を混ぜた餌などを使わない養殖を目指して欲しい。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 気になったニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    253位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    107位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。