fc2ブログ










    「基準値超えても飲用茶としては安全」静岡市長が宣言 放射性セシウム検出問題

    静岡市葵区藁科地区の製茶の一部から、国の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出された問題で、同市の田辺信宏市長は16日、記者団の取材に応じ、「規制値の500ベクレルを超した茶でも、飲用茶としては安全だ」と、安全を宣言した。

     田辺市長は「飲用茶に対する国の安全宣言と、消費者に正しい放射性物質の知識を広めることが必要」と述べ、国への要望活動と、市民の啓発に力を入れる方針を示した。

     この日開会した市議会6月定例会の所信表明では「積極的な情報発信」を基本方針に掲げ、茶の問題についても「関係機関と連携し適切に対応する」と述べた。

     藁科地区の一番茶の製茶から初めて国の規制値を超えた放射性セシウムが検出された9日以降、田辺市長は文書コメントを2回出し、13日には厚生労働省や農林水産省を訪れ、規制値の見直しなどを申し入れたが、記者会見を開くなどして直接発言することはこれまでなかった。

    中日新聞 2011年6月17日

    ///////////////////////////////////////////



    もうだめだ。キチガイだ!
    こんなことを宣言するのなら、不買運動を全国展開で起こせ!

    静岡茶は伊藤園の「お~い!お茶」などのペットボトル製品に多く使われていて、ティーバック緑茶も多く、抹茶や抹茶を使ったアイス・ケーキ・菓子なども多い。
    お茶はペットボトルで買わない、ドリンクバーで飲まない、抹茶系スイーツを食べない、ティーバック緑茶を買わない。

    熊本産の煎茶を買って、自宅で緑茶を作り、外出時に持って行こう。


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 放射能ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    お茶袋の裏の欄について

    熊本産と書かれていても、
    工場は静岡県というのもありますよ。

    Re: お茶袋の裏の欄について

    工場が書かれていたら、それもチェックして静岡を外しましょう。




    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    03 | 2024/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    52位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    28位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR