fc2ブログ










    国家戦略室の議事録に「2030年までに原子力の比率を53%に」

    6月7日に行われた国家戦略室会議での資料を見ると、2030年に原子力発電の電源比率を53%にする目標とされている。


    無題

    無題


    原発の問題を無視して、しかも増やすのか!
    即刻、民主党を引きずり降ろせ!
    これ以上、日本国土を汚す自殺行為をやめさせろよ!


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 放射能ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    こんにちは。

    菅総理は原発依存からの脱却を測っています。
    脱原発依存の方針を打ち出しています。ストレステストも原発を稼動させないために差し押さえた形です。

    批判するのは原発を稼動させたい官僚どもとメディアです。
    総理が脱原発依存といっても将来の天下り先になる官僚どもが言うことを聞きません。菅総理は自然エネルギー法案を何としてでも通すと最期の仕事にとりかかっています。

    Re: No title

    こんにちは。

    53%の原発推進計画を見直すと発表して、脱原発を目指し再生エネルギーを推進する図式にスライドしてきました。この点においては、「エネルギー転換を提言した首相」として名を残したいだけだと言われていますが、評価できます。
    批判の理由は、与党・内閣内で意識合わせが行われていない事による内紛、それにより自治体が振り回される状況にマスコミがまくし立てている状態です。
    原発利権や官僚は静観しているのでしょう。

    気になる点は、再生エネルギー法案に電気使用者から徴収し電気事業者に交付金を払うことを設けており、発電量が上がれば上がる程ほど徴収額が上がります。再生エネルギーの割合が高くなるほど、使用者に負担がかさみ、売電単価も下がります。これは、マスコミも指摘していませんが、おかしな図式になりかねません。細かい点は今後、議論で修正は可能ですが。
    また、孫が掲げる太陽光発電事業の中身です。孫は太陽光発電パネルの発注を全て韓国メーカーに指定しようとしている点です。つまり、インフラ整備の大半が韓国メーカーに発注することを画策しています。これでは、日本のメーカーは付帯設備しかもらえません。

    これらのことを吟味すると、再生エネルギー法案だけでなく、原発交付金を無くす(または減額する)ことも必要です。

    ただ、やはり脱原発への動きは進めてもらいたいですね。




    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    03 | 2024/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    75位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    36位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR