スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    福島原発:汚染水浄化システム停止 吸着装置が交換基準に

    東京電力は18日、福島第1原発内から出た高濃度の放射性汚染水を浄化するシステムが、本格運転開始から5時間で停止したと発表した。運転再開のめどは立っておらず、処理した水を原子炉冷却に使う「循環注水冷却」の同日中の実施は困難になった。

     東電によると、停止は米キュリオン社のセシウム吸着装置内にある箱形設備「スキッド」(縦2.5メートル、横8メートル、高さ3メートル)の表面線量が、内部部品を交換する基準としている毎時4ミリシーベルトを超えたため。東電は「想定より早く線量が上昇してしまった。近くの配管の線量が影響した可能性もあるが、スキッドの線量が実際に上昇したのであれば、浄化システムの工程を見直す必要が出るかもしれない」として、対策を検討している。

     システムは17日午後8時に本格運転を開始した。その後、18日未明に吸着装置のスキッド表面を計測する線量計で交換基準を超える値が計測され、午前0時54分に装置を停止した。スキッド内には放射性セシウムを吸い取る鉱物「ゼオライト」が入った「ベッセル」という装置が4本入っており、吸着効果が少なくなったら交換する。東電は、交換に当たる作業員の安全管理も考えて、交換基準を設定。全体で24本のうち、1日2~4本を交換すると想定していた。

     システムは、吸着装置の他、仏アレバ社製の除去装置など四つの装置で構成されており、処理後の浄化水は1~3号機の原子炉冷却用に使う。東電は18日にも浄化水の原子炉注入を予定していたが、対策の完了までは不可能となった。【種市房子】

    毎日新聞 2011年6月18日 10時48分

    ///////////////////////////////////////////



    工程の見直し続出。
    アレバ社もキュリオン社も、ここまで高濃度の汚染水を浄化した実績はない。
    4ミリシーベルト以上に貯め込むと、交換時の作業員が被曝する危険があるため、交換が必要になる。
    安定した浄化作業までまだまだかかる。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 原発事故
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    33位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    16位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。