スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    アユ大量死の金沢・浅野川、水質には異常なし

    金沢市の浅野川で14日、大量のアユの死骸が見つかった問題で、石川県は15日、約1万2000匹の死骸を回収し、毒物や薬物が混入された可能性の調査を始めた。

     金沢市環境指導課でも周辺の水質検査を行っているが、原因究明は難航も予想される。

     アユの大量死は14日午後3時55分頃、市内の男性の交番への通報で発覚。県や金沢漁業協同組合が、朝霧大橋から浅野川大橋まで約6キロにわたって死骸が浮いているのを確認した。

     県によると、大量死の原因として考えられるのは、酸欠や病気、薬物や毒物の混入などだが、14日に市が周辺の水を採取して簡易検査を行ったところ、水質や酸素濃度に異常はなかった。市は、有害物質の有無を調べるため、さらに詳しい検査を実施、結果判明までには約1週間かかる見通し。

     また、県が死骸の外観を観察したところ、アユを衰弱死させる冷水病に特徴的な、表皮のめくれやエラのうっ血は確認できなかったという。

     このため、県では、酸欠や病気の可能性は低いとし、死骸に薬物や毒物が残存していないか検査している。結果判明には少なくとも10日間を要するが、魚の場合、薬物や毒物が脂肪に吸着して変質し、検出されないケースも多く、死骸からの原因究明は難しいという。

     浅野川では、同漁協が4月末から24万匹の稚アユを放流、今月16日にアユ釣りが解禁される。

     八田伸一組合長(65)は「解禁は予定通り行い、原因が特定されたら、2万5000匹を追加で放流したい」と話している。

     野尻安司元組合長(79)によると、浅野川では2003年6月、大雨で流されたり、冷水病にかかったりして、22万匹の稚アユが死滅したという。

    2011年6月16日10時53分 読売新聞

    ///////////////////////////////////////////



    冷水病は細菌による致死性の感染症で、発生水温は12~26℃。体表の白濁、鰓蓋下部の出血の他、体表の潰瘍等の穴あき、貧血を症状を発症し死ぬ。しかし、発症まで数日かかるため大量死の前に兆候がみられる。

    水質調査は、大量死の発生直後でないと正確には分からない。

    数日前に、水面に油が浮いていたという住民の声や、調査時に浅瀬で泡が浮いていたという報告もある。

    さかなクンは、局地的に降った大雨の際に、水面に突き刺さる雨が強運動性のアユを刺激して運動死したのではないか、と言っている。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 気になったニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    255位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    118位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。