スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    山形でセシウム68万ベクレル検出 側溝汚泥から、基準値がないことで苦慮

    山形県は8日、山形市の県衛生研究所と県庁駐車場の2カ所の側溝汚泥の放射能(放射性物質)を調べたところ、衛生研究所で1キロ換算で68万ベクレルという高濃度の放射性セシウムを検出したと発表した。県は「人体に影響はないレベル」としているが、同様の環境で測定した場合、同程度の放射性物質を検出する可能性があるという。汚泥の放射性物質に関する国の基準はなく、処理をめぐって波紋が広がりそうだ。

     県によると、測定したのは6月3日。衛生研究所側溝で採取した汚泥24・5グラムを測定したところ、セシウム1万6660ベクレルを検出した。汚泥から高さ50センチの空間線量をはかったところ、毎時0・12マイクロシーベルト、100センチで0・09マイクロシーベルトで市内の空間線量とほとんど変わらなかった。

     県は「屋上は防水加工されて雨水がしみこまないため、セシウムが濃縮されたとみられる。汚泥の量自体が少なく、空間線量も安全範囲内であるため心配するレベルではない」としている。一方、県庁駐車場側溝汚泥では1キロ当たり3万ベクレルのセシウムが検出され衛生研究所より低かったことについて、「車についたほかの汚泥と混ざるなどしたため」とした。

     国は、福島県をはじめ、神奈川など各地の下水処理場の汚泥から高濃度の放射性物質が検出されたのを受け、下水道の汚泥の処分について、暫定的に1キロ当たり10万ベクレル以下の場合、管理されている最終処分場に仮置きすることを認めているが、処理方法の明確な基準がない。

     山形の場合、山形大理学部(山形市)の屋上排水溝で1キロ当たり50万ベクレルの放射性セシウムを検出したことが5月末に明らかになったことから、「排水溝を掃除するが大丈夫か」という問い合わせが県に相次いでいた。

     柴田正樹・水大気環境課長は「手についた場合、洗い流すといった措置で人体に影響はないが不安に思う人もいる。国としての基準を早く作ってほしい」と話している。県は9日、県道の側溝5カ所の汚泥を採取して、調べるとしている。

    MSN産経ニュース 2011.6.8 23:14

    ///////////////////////////////////////////



    雨といを洗い流した場合、側溝であれば、下水道に流れ込む。そして、浄水場の汚泥に蓄積する。
    未舗装で土に流せば、土壌に浸透していく。これだと居住地で長く被曝する事になる。
    乾燥した土を除去して移動しないと危険。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 放射能ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    >これだと居住地で長く被曝する事になる。
    >乾燥した土を除去して移動しないと危険。

    そう簡単な話ではないから考えてみましょう。

    1、「どこに」集めるのか。
    集積所・最終処分所近隣の住民の理解を得られるでしょうか。郡山でも学校のグラウンドの表土を持ち込もうとしてトラブルになりましたね。山形では清掃工場の移転すら、候補地の住民に拒否されて頓挫しています。

    2、集めるという行為自体に問題はありませんか。
    集めるということは、集められた土地の放射能の濃度が上がるということです。それによってその土地周辺の線量が上がってしまうでしょう。線量によっては立ち入れなくなってしまいます。

    ということで、除去してもらいたいのは山々ですが、すぐに実行しろとは言いにくいところです。救いは線量がそれほど高くないことでしょうか・・・

    Re: No title

    低線量の被曝を住民が容認するのであれば、政府の要請がない限り、自治体は対応しないでしょう。

    東京都が詳細な地点での放射線量を検査する事になったのは、住民の声です。

    東京都の住民が線量計で近隣を計測しネットでUPしたところ、東京都の発表とかけ離れていることで騒ぎ始め、NPO団体の主婦らが複数の都議員に相談。議員が自身で計測して事実を知り、東京都の対応を議論し始めたところ、政府の対応待ちであることを問題視。モニタリングポストの設置場所が庁舎の18mの高さであるが、これは過去の外国の水爆実験の影響調査のための設置であり、地上で暮らす住民の環境での数値でないことも知られることになり、これ以上騒がれては困ることから、実施することになったのです。

    次に疑われているのは、大田区の汚泥処理所の高濃度の放射線量の問題です。
    都や大田区は事実を知りながら、住民に知らされていなかったことです。

    汚泥や集積した土の処分は、都も含め、どこも解決していません。しかし、除去しない限り、永続的に被曝することになります。議論すらされていないと、解決どころか放置です。
    住民が声を上げないと行政は動かないという、現状を変える行動を住民自らが起こすことが、駒を進めるステップだと思います。


    No title

    行政に対して行動を促すのは大切ですね。彼らは言われるまでは何もしないことが多いようですから。

    ただ1点だけ、除去する以上はどこかに持っていくわけで、それだけ忘れないでいただきたいのです。

    自分のところから無くなればそれで良しではなく、持って行った先でちゃんと管理・監視される仕組みが作られるよう、希望します。適当に埋め立てて地下水に影響及ぼした、などということがないように・・・


    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    246位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    109位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。