スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    米原子力規制委:耐震不安「無視」…福島と同型のマーク1

    東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発の1~5号機と同型の原子炉格納容器「マーク1」の安全性について、米原子力規制委員会(NRC)が80年に再評価した際、原子炉格納容器の圧力上昇を抑える圧力抑制プールの耐震強度が十分でない可能性を予測しながら、米国内の電力会社の意見を参考に「無視できる」と結論づけていたことが、毎日新聞が入手したNRCの「安全性評価報告書」で分かった。日本の原子力安全委員会もこの報告書と同様の国内指針を作成していた。しかし、米国のマーク1は地震の少ない東側に集中しており、日本の安全基準のあり方を根本的に検証する必要がありそうだ。【吉富裕倫】

     ◇米原子力規制委、80年に結論
     米国の原発の安全性を監督するNRCの内部文書から、マーク1の問題点が明らかになったのは初めて。開発した米ゼネラル・エレクトリック(GE)社などによると、マーク1は世界5カ国・地域に38基あり、米国24▽日本10(廃炉決定の中部電力浜岡原発1、2号機を含む)▽台湾2▽スイス1▽スペイン1。

     マーク1の世界的販売開始後の70年代、圧力抑制プールの設計が十分な強度を想定していなかったことがGE社の技術者の内部告発などから発覚した。

     報告書によると、同プールは、格納容器内に高温高圧の水蒸気が充満した時に冷却、圧力を下げて爆発や炉心溶融などを防ぐ役割であることから、危険情報を知ったNRCは安全性の異例の再評価を決定。再評価チームは、地震で圧力抑制プールの内壁への振動圧力や水面の揺れによる水蒸気管の露出などから、水蒸気が冷やされることなく過度の圧力がかかる可能性を指摘した。

     しかし、プール内壁に対する最大圧力を「最高95%の確率で0.8PSI(1平方センチあたり56グラム)以下」とする推計値をもとに電力会社側は「地震による冷却水の揺動を無視するよう」提案。NRC側も最終的に「無視できる」とした。

     この報告書に基づく形で、日本の原子力安全委員会も、87年決定の「BWR(沸騰水型軽水炉)・MARK1(マーク1)型格納容器圧力抑制系に加わる動荷重の評価指針」で圧力抑制プール内の地震揺動を検討項目に含めなかった。


    untitled_20110609094645.jpg


     ◇日本に10基 技術者「調査必要」
     報告書について、福島第1の建設を請け負った東芝でマーク1の設計を担当した渡辺敦雄・沼津工業高等専門学校特任教授(環境工学)は、「原発の技術は確率論。冷却材喪失と地震、余震の同時発生は無視できると考えられていた」と語り、「(日本の指針は)米国の考え方を輸入したもの。私もNRCと同じ意見だった」と明かした。

     一連の事故原因と報告書指摘の問題点との直接の関係は明らかになっていないが、渡辺氏は「地震で圧力抑制プールの水蒸気管が水面から露出して格納容器全体の圧力を高めた可能性がある」と指摘、事故との因果関係を含めた強度調査の必要性を訴えた。しかし、東電広報部はマーク1の安全性について「(原子力安全委員会の)評価指針に従った」と対応に問題なかったとの見解を示した。NRCのスコット・バーネル広報担当官は、「報告書は米国の原発に対するもので、日本の原発に対するものではなく、米側が見直す必要はない」と述べた。

     【ことば】マーク1

     米ゼネラル・エレクトリック社が40年以上前に開発した初期型。電球のバルブのような形状で、沸騰水型軽水炉を収める上部と下部にあるドーナツ形状の圧力抑制プールが特徴。80年代以降、上部と下部を一体にして容積を増やすなどしたマーク1改良型、マーク2へと移行した。

    2011年6月9日 2時31分 毎日jp

    ///////////////////////////////////////////



    地震の少ないアメリカの耐震基準と同様のレベルで、圧力抑制プールの耐震強度を見積もっていた。
    原子炉格納容器の圧力上昇を抑える圧力抑制プールの耐震強度が、地震の多い日本での環境を考慮していないという指摘だ。

    この指摘だけならば、耐震強度設計の不備ということを突き付けることである。
    しかし、誰が、耐震強度を上げる技術を持っていたのだろうか?

    1980年にNRCが再評価したきっかけは、1978年に起きたスリーマイル島原発事故である。
    アメリカ(GE)は、どこで開発・設計をしているか?と言えば、当然、アメリカ国内である。どこに設置する予定だったか?アメリカ国内の、地震の少ない東海岸地域である。
    そもそも、アメリカは、地震に対する危険度は日本より少ない。
    そんなアメリカに、「耐震強度は問題無いか?」と聞いても、「問題無い」と言うだろう。ただ、「アメリカ国内においては問題無い」と言ったわけで、日本で問題無いと言ったわけではない。

    福島第1原発は、福島県は1960年に日本原子力産業会議に加盟したことからスタートし、1971年に1号機が営業運転を開始する。1979年には6号機が営業運転を開始する。

    1980年のNRCの再評価を日本にフィードバックしての安全性の確認で、すでに稼働していて問題が無いとする基本意識があり、その上で耐震強度をアメリカよりも上げなければならないか?という疑問に対して、「必要無い」と考えた。これを今になって、「甘い考え」だと指摘される可能性はある。
    しかし、当時の日本の技術力は、そんなもんしかなかったのではないか?
    この時点ではそのレベルの危険の認識だったと言える。
    つまり、1970年代に製造された自動車を、2011年の今の安全基準から見て危険だと言っていることと同じだ。当然、不適合だ。しかし、オーナーは自己責任で今でも乗っている。
    当時、原発の耐震強度が不十分であることを無視した、とまでは言えないと思える。


    ただ、問題はそのあとだ。
    日本で地震・津波が起きるたびに原発の安全性を問う場面は何度かあった。その中で、強度を上げた部分もあったであろう。国会でも地震対策・津波対策の是非を問う場面が何度かあったが、大きく取り上げられることもなく今日に至っている。
    安全基準の多くは、アメリカや西欧諸国と同等であり、特に落ち度がある訳ではない。
    しかし、震災対策は、他国と同等で良いのか?
    地震が少なく、津波の危険は内陸部に立地している原発に不要である。当然、津波の危険など考慮しない。
    日本は立地条件によって、安全基準が違うということを知らなければならない。
    つまり、他国の原発には無い、独自の安全基準を想定しなければならない。

    菅はG8で、安全基準の見直しを国際化してほしい、IAEAに提示してほしいと言った。
    日本独自の安全基準を他に求めても答えはでないのではないか。
    日本が自力で安全基準を作らなければならないだろう。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 原発事故
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    251位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    109位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。