スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    生肉食中毒:「えびす」再開断念 社員90人全員解雇

    生肉食中毒:「えびす」再開断念 社員90人全員解雇

    焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」を巡る集団食中毒事件で、経営するフーズ・フォーラス社(本社・金沢市)の勘坂康弘社長が「営業再開は難しい」として取締役以外の社員約90人を解雇したことが8日、同社関係者の話で分かった。同社は「被害者への賠償のため」として営業再開の準備を進めていたが、地元の金沢市や富山県など自治体が原因究明が終わる前の営業再開に難色を示したことや、営業停止による資金難が理由とみられる。


    untitled_20110609022950.jpg


     食中毒事件の発生を受け、富山、福井両県と横浜市は、計4店を営業禁止処分としている。同社は他の店舗を含め全20店を自主的に営業停止にしていた。被害者が死者を含め100人以上にのぼり、賠償金が高額に上ることから、同社は「被害者に十分な賠償をするため」として、自治体の処分対象を除いた店舗での営業再開を模索していた。

     勘坂社長は8日、幹部を含め、社員に「自主再建を目指していたが、断念せざるを得ない。辞めていただく」と、口頭で解雇を告げた。

    毎日新聞 2011年6月9日 1時03分

    ///////////////////////////////////////////

    再開断念 補償難航も

    焼肉食中毒 えびす、保険不適用の可能性
     焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件を受け、運営会社「フーズ・フォーラス」(金沢市)が営業再開を断念したことで、死亡した4人を含む累計169人の食中毒患者(9日現在)に対する多額の補償が難航するのは必至だ。

     同社元幹部らによると、勘坂康弘社長が8日、金沢市内で社員約60人を集め、全員の解雇と営業再開の断念を伝えた。理由として、行政側から集団食中毒の原因究明を待つよう求められたことや、資金難の状況などを説明。この日初めて営業断念を知った幹部も多く、給与の支払いを巡って社員が詰め寄る場面もあったが、弁護士が「原資がなく約束できない」と答えるのみ。社長の深い謝罪や、自らの経営責任を認める言葉はなかったという。

     別の同社元幹部によると、事件後、取引銀行が約3億円の預金口座を凍結したため、店舗の維持費や社員の給料の支払いで、手元の現金が底をついたとみられる。

     同社は、7日までに食中毒患者の検査費や入院費計約3000万円を支払ってきた。今後の補償については、現在加入している支払い限度額約1億円の営業損害保険から充当する予定だったが、会社が存続しない場合、適用できない可能性もあるという。同社は補償総額を数億円と見積もっていたが、営業再開できないことで、「死亡した人を含む被害者への支払いができるかどうかわからない」としている。

    2011年6月10日 読売新聞

    ///////////////////////////////////////////

    「えびす」再開断念 被害者への補償難航も

    突然の解雇 通告社員困惑
     焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件で、運営会社「フーズ・フォーラス」(金沢市)の勘坂康弘社長が、営業再開を断念し、全社員を解雇した。同社は、被害者への補償のため、営業再開を模索していたが、再開断念で、補償資金の確保は難航が予想される。

     元幹部によると、勘坂社長は8日、金沢市内に社員約60人を集め、「営業再開を目指していたが、行政の同意も得られず、断念せざるを得ない」と説明、営業停止による資金難を理由に解雇を告げたという。

     フーズ社は事件後、全20店舗の営業を自粛、うち4店舗が営業禁止処分を受けていた。被害者への補償資金確保のため、営業再開を目指していたが、相談を受けた金沢市などは、「原因究明が出来ない段階では、十分な改善策も取れない」と難色を示し、再開のめどが立っていない状態だった。

     同社は、被害者に治療費の支払いを始めているが、補償については明確な対応方針を示しておらず、8日の会合でも具体的な話は出なかったという。

     一方、営業再開に向けて準備を進めていた社員の間には、突然の解雇通告に動揺が走った。

     ある元幹部は「事前に何の説明もなく、てっきり、今後の事業展開に関する前向きな話だと思っていたのに」と言葉を失い、別の元幹部は「社長の深い謝罪や、自らの経営責任を認める言葉はなく、同席した弁護士から『明日からハローワークに行って下さい』と言われ、あぜんとした」と憤りを隠さなかった。

    2011年6月10日 読売新聞

    ///////////////////////////////////////////



    倒産してしまったか!
    食肉加工の大和屋から仕入れた食肉が原因だとされたが、賠償責任は提供した店が取るのか。
    提供する直前にトリミングをしていないとか、消毒が不適切だからということから、法的には直接提供した飲食店が責任を取るしかない。
    大和屋は営業停止処分だけ。許せないが。


    (翌日の追記)
    幹部には状況が伝わっておらず、前向きな話だと思っていたのに解雇通告だったというのは、経営者として上に立つ者として失格だったということを表している。
    社長一人で会社を回しているのではない。持ち上げているのは社員であり、片腕となる幹部であり、全社一丸となって困難を乗り越える努力をするものだ。それを一人でやっていたんだと言う事を露呈している。
    別に社長で無くても、役職が無い人でも、先輩は後輩を引っ張る。面倒見る。それが良い形で機能して「人を動かす」ことができる。決して駒のように動かすのではなく、自発的に危機を乗り越えようと動くものだ。
    そんな人が誰もそばにいなかったようだな。
    これじゃ、潰れるよ。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 食中毒
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    356位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    163位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。