fc2ブログ










    氷室京介の「全編BOOWY」チャリティーLIVE 残されたメンバー3人が胸中綴る

    ロック歌手の氷室京介が、東日本大震災の被災者支援のため6月11日に予定していた東京ドーム公演を急きょチャリティーイベントに変更して開催すると18日に発表したが、内容も「今歌うことで多くの人のエネルギーになれば」と今も根強い人気を誇るBOOWYのナンバーを全編歌唱するということで、残りのメンバーからはまさに三者三様の反応があった。ギタリストの布袋寅泰はツイッターで、ベーシストの松井常松は公式サイトの日記で、ドラマーの高橋まことは公式ブログでそれぞれ感想を寄せている。

    BOOWY - B・BLUE



    この企画が情報解禁された18日、まず最初に反応したのは布袋。氷室と共にカリスマ的人気を誇る布袋に「ぜひ同じステージに立ってほしい」といった要望がSNSやサイトなどで多数飛び交ったが、布袋は冷静に「今日は一日中同じ質問やリクエストを浴びるのでしょう。僕の気持ちを察してもらえないのは淋しいことです。Twitter、今日は休憩」とだけ綴り、以降はブログなどでも沈黙を保っている。

    一方、別の意味で「寂しい」と綴ったのは松井だ。氷室の企画は寝耳に水だったものの「素晴らしいことだと思う」と企画趣旨には賛同。BOOWYの曲を歌うことにも「ファンの人達も、このイベントに参加することで、復興支援に協力することが出来るし、何よりも、いま、彼がバンド時代の作品を歌うことで、どれだけの人達が、勇気と元気をもらうことができるか、それを思うと、確かに素晴らしい決断だと思う」と許容した。

    その上で「でも、少し寂しい。どうして、声を掛けてくれなかったのか」といい、「僕一人の力なんて、決して大きなものではないけれど、でも、バンド時代の曲を演奏するというならば、微力ながらも協力したかった」と共にステージに立つことを望むコメントを綴った。「こんな時だからこそ、再び4人で手を握り合い、大いなる目的のために、協力し合うべきだと思った」と、今だからこそ“本当のBOOWY”を見せるべきだとし、「アーティストとして、素晴らしい決断だと思う反面、一緒に活動を共にしていた仲間としては、残念でならない」と胸の内を明かしている。


    BOOWY - ONLY YOU


    そんな二人と対照的に、高橋は翌19日のブログで話題に言及。「昨日の新聞、ヒムロック・ドーム公演の広告見ましたよ!!!」とやはり松井同様に報道で企画を知った様子だが、「何かやってくれると思っていましたので良かったです。まこと、応援してます。それぞれにやれる事やっていけばいいんだなあー。俺も出来る事少しずつやって東北、福島応援していきます」と全面的に賛同。BOOWY楽曲を歌うことにも「きっと、ボウイの曲で元気になれる方々がたくさんいるんだと思います。それを想うと、バンドに携わってきた俺も嬉しい気持ちになります」と肯定的に受け入れている。

    1988年の解散から20年以上が過ぎた今もなお、再結成、再始動を望む声が絶えない伝説のバンド・BOOWY。解散以降、全編BOOWYの楽曲でライブを行うのは今回が初めて。未曾有の危機だからこそ、勇気づけられる楽曲を選んだ氷室、それを複雑、あるいは前向きな思いで見守るメンバー。当日のパフォーマンスが注目される。

    ORICON Style
    ///////////////////////////////////////////////////////////////


    解散の原因を知っている人からすれば、正直なところでは、「まだ、わだかまりが解けていない」のかな。
    でも、BOOWYというバンド・ムーブメントの大きさで語り継がれている伝説が今でも生きているのなら、
    4人が現在の舞台に立って、演奏することはとても有意義だと思う。

    音楽って万人向けでは無くて、BOOWYが好きでないといいう人もいると思うが、
    「当時、熱狂した世代の人達」は、多いんですよ。
    サザンの次に来た世代で、その後にTUBEファンや尾崎ファンが乱立します。
    でも、このファン層は対立している訳ではなく、複数に属しているファンもいます。
    音楽を否定しない私は、全てのファン層に属しています。
    サザンもTUBEもBOOWYも尾崎も、その後、永吉も、全部好きです。
    こういう音楽を一生懸命聴いていた年代であったけど、ジュリーも聴いていたし。
    他にも、小学生の時にYMOファンになり、そのあとボーイ・ジョージやカジャグーグー、デュランデュランが好きだった。
    もう、聴ける音楽の全てが好きだったんだろう。当時の僕は。




    音楽論は置いておきます。
    氷室が一人でいきなり叫んだため、他3名の反応が微妙になってしまったというのが今回の事実です。
    氷室よ、他3人に何で相談しなかったのかよ?と言いたいよ。ファンとして。
    BOOWYファンは、ゴシックネタなんて全く求めていないから。
    純粋に音楽を聴きたいだけだから。



    だから、解散ネタを調べてはいません。1人のファンとして。
    絶頂期に解散したというだけで、いろいろあったんだろうと想像します。
    でも、そういうゴシップは20年前の話で、21世紀の今で、BOOWYの音楽というものは、
    化石が新化していく部類だと思います。
    それは、YMOが当時の音楽性を再評価されているように。



    氷室、図々しくBOOWYの顔だと思ってんじゃんじゃねえよ!
    布袋、お前一人でBOOWYの音楽性を作り上げた訳じゃねえだろ!
    あとの2人は犠牲者なので。



    純粋にBOOWYの音楽を聴いてきたし、今でも聴くのは好きなので、嫌いにはなれないです。
    だから、いい意味で「経済復興ライブ」を興してくれたらいいなって思っています。
    それこそBOOWYのコアなファンは40代以上だと思えるので、金持ってるんですよ!

    やって下さい。ライブを。
    40代は永吉ではなく、氷室です。別枠でサザン・TUBEです。
    全年齢層で個別にヒットしているのは、長淵剛です。あ、これらは主に「男」ですね。

    女性には、浜崎あゆみ、SPEED、hitomi、等のエイベックス系列が強いのでしょうが、
    もう少し遡って、石川ひとみ「まちぶせ」、久保田早紀「異邦人」や太田裕美「木綿のハンカチーフ」
    あたりが出てきたら、往年のアイドルの歌なんて、かなり行くんじゃないでしょうか。
    お金が集まると言う意味ではなく、当時の歌声を聴いている年代の人達が、今の声として聴いて、
    新たな気持ちも持つんではないかと。
    今は歌えないという歌手もいるのでしょうが、ファンとしては、純粋に聴きたいんですよね。


    このへんの歌手が頑張ったら、ホントに人が動くよね。



    もう一つの狙いは、若い世代に、「大切な思い」を伝える事が出来る、という事です。
    男が歌う歌詞は、荒々しくて時には攻撃的な感情を高ぶらせてしまいます。
    でも、女性が歌った歌詞の世界は、安らぎを中心にしたあたたかい世界です。



    ここまでの記述に異論・反論はあってもいいです。
    でも、私が望むものは、「心に安らぎを与えるもの」を求めたものです。



    話を戻す。
    BOOWYのメンバー達よ、個人の思いはいろいろあるかも知れないけれど、
    ステージに立ってくれたら、「観客は本当に喜ぶし、指揮が上がる!」
    あんたらを愛して来た年代は、涙を流して見つめるだろう。
    その心に一言、「今、頑張ろう。」
    そう言ってくれたら、涙を流して、心に誓うおっさんがいっぱい出てくるだろう。

    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 最新音楽ニュース
    ジャンル : 音楽

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    04 | 2024/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    58位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    32位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR