fc2ブログ










    東京23区 牛肉生食 不適合99%

    都内の飲食店調査
     都は7日、生食用の食肉を扱う飲食店842店のうち、約8割にあたる661店が厚生労働省の衛生基準を満たしていなかったと発表した。都によると、牛肉を扱う439店に限れば、基準を満たしたのは2店だけだった。

     焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」で起きた集団食中毒事件を受け、都などは5月6~31日、牛肉や馬肉を生食用として取り扱う焼き肉店や居酒屋などの飲食店、食肉処理業や食肉販売業計1049施設を対象に、緊急で立ち入り調査した。

     その結果、馬肉を扱う飲食店では4割超が国の基準に適合していたものの、牛肉では99・5%の店舗が不適合だった。また牛肉を扱うほとんどの店で、生食用ではない原料肉を仕入れ、加工するなどして提供していた。

     調理段階で不適合とされた飲食店のうち、約半数が肉表面の細菌を除去するため肉の表面を削り取る「トリミング」処理を適切にしていなかった。器具の洗浄消毒を基準通りに行っていない、専用の調理器具を用いていない、といった事例もあった。

     対象となった食肉処理業者で牛肉を生食用に適切に加工している業者はなかった。今回の調査では、生食での提供を自粛する大手焼き肉店などは含まれておらず、都は今後も監視指導を徹底するとしている。

    2011年6月8日 読売新聞


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 食中毒
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    04 | 2024/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    58位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    32位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR