スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    三重 県内生食用食肉取り扱い施設 321カ所が不適合

     ■県調査、基準適合は11施設

     4人の死者を出した焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒問題で県は3日、県内の焼き肉店や食肉販売店、食肉卸業者などの調査の中間結果を公表した。生食用食肉取り扱い332施設のうち、厚生労働省の衛生基準に適合した施設はわずか11施設しかなかったことがわかった。残りの321施設は器具消毒や自主検査態勢に不備があり不適合とされ、県が販売や提供の自粛を命じた。

     計1106施設を監視調査。うち生食用食肉を取り扱っていたのは332施設だった。不適合施設の内訳は飲食店236施設、食肉処理業17施設、食肉販売業68施設。83度以上の煮沸消毒など衛生管理態勢が改善されれば再検査の後、取り扱いができる。

     県では今後、さらに約1万6千施設ある飲食店の関連施設を絞り込み、生食用食肉の出荷時の衛生管理、表面の細菌汚染を取り除くためのトリミング(削り取り)、温度管理、適正保存、運搬管理の状況などを調べる。

    MSN産経ニュース 2011.6.4 01:50


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 食中毒
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    356位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    163位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。