fc2ブログ










    イオンとJA、出荷制限カリフラワーを販売

    JAみちのく安達(福島県二本松市)と大手スーパー「イオン」は7日、福島第一原発事故で摂取・出荷制限されている福島県本宮市産のカリフラワー18株を「イオン郡山フェスタ店」(郡山市)で販売したことを明らかにした。

     発表によると、同JAが店内に設けたコーナーに今月1日と4日に各9株を出荷。1日に7株、2日に2株、4日に9株が売れた。JAの集荷場に持ち込んだ農家には出荷制限の認識がなく、集荷担当の臨時職員が本宮市産は制限が解除されていると勘違いし、イオンの担当者も制限品目を見誤ったという。

     県によると、カリフラワーは3月23日に県内全域で出荷制限され、5月11日までに県南、いわき、県中、会津の各地区で順次解除されたが、本宮市など県北地区では制限が続いている。同市産のカリフラワーからは同30日以降、放射性セシウムは検出されず、県は、販売された18株について「安全性は高い」としている。

    2011年6月7日21時57分 読売新聞

    ///////////////////////////////////////////



    こういうことが起きるから、福島県の農産物を全て出荷停止にしろと言われるんだよ!

    出荷停止になった農作物の生産農家には、「出荷停止の通達」が紙で渡される。それを知らなかったというのは嘘。
    もし渡していないのなら、行政の職務怠慢。

    「少しぐらい放射性物質が付いていても、すぐ死ぬわけじゃないし」というやつは、「放射能汚染野菜を買います!」と宣言して食いまくれ。

    行政・農家・JA・イオン、全て「売れればいい」とする側、被曝して被害を受けるのは消費者。


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 原発事故
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    04 | 2024/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    58位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    32位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR