スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    東京 生肉食中毒:約7割の店で不適切処理

    東京都内で生食用の牛肉・馬肉を取り扱う飲食店や食肉販売業者のうち、約7割にあたる721店がトリミングなどの適切な処理をしていなかったことが7日、東京都の調査で分かった。都はこれらの店に対し、取り扱いを中止するよう指導した。生食用食肉のずさんな取り扱い実態が明らかになった。

     焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」を巡る集団食中毒事件を受け、都は5月6日~31日、都内の焼き肉店や食肉処理業者など計7129店を調査。その結果、計1049店で、生食用食肉を取り扱っていた。このうち計721店が、厚生労働省の衛生基準に反する取り扱いをしていた。

     都福祉保健局の担当者は「安全管理を徹底させるため、罰則を設けて取り締まる必要がある。国に対し早急な法整備を求めていきたい」と話している。

    毎日新聞 2011年6月7日 22時09分

    ///////////////////////////////////////////



    もはや、全国的レベルで基準に達していないことが判明したということ。
    法整備も含めて、明確な改善策がとられるようになるまで、気軽に生肉を食べる事をやめるしかない。
    「慎重に食えばいいのか?」ではなく、食べる店を選ぶということを考えるということ。
    食肉の流通ルート・ポイントを複数経由している店では食べないようにするということだ。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 食中毒
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    330位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    147位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。