スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    ドコモ:他社の端末にも障害広がる

    6日朝発生したNTTドコモの携帯電話の通信障害は、172万台分の情報を管理する装置の故障によるもので、3000件を超える苦情や問い合わせが寄せられた。番号継続制の仕組みの問題から他社の端末にも障害が広がり、異例の事態になった。

     故障したのは、電話番号などの加入者情報の確認を行うサービス制御局の装置の一部。ドコモによると、この装置がこれほど大規模な障害を起こした例は過去にないという。

     携帯電話から発信する場合、まず無線基地局を通じて交換局に接続する。交換局は、制御局に発信者の番号契約が有効であるかなどの情報を問い合わせ、制御局が確認したうえで、着信側の交換局への接続許可を出す。これを受けて、着信側の交換局が受信者の情報を制御局に問い合わせ、許可を得れば端末につないで通話ができるようになる。


    untitled_20110607001153.jpg


     ところが、この日は関東甲信越の店舗で契約された約2454万台の約7%に当たる172万台分を管理する装置が故障。発信、着信時ともに制御局からの接続許可がうまく得られなくなった。

     KDDIやソフトバンクの一部の携帯電話でも、着信の障害が起き、両社に問い合わせが寄せられた。障害が起きたのはドコモの携帯電話を以前に使っていて、当時の番号を維持したまま番号継続制で乗り換えた利用者。KDDIとソフトバンクは、課金対象である発信者の加入者情報は自社の制御局で管理しているが、着信時はいったんドコモの制御局に問い合わせて現在の携帯会社を確認した上でネットワークに接続する仕組みを取っているためだ。

     ドコモは昨年1月に東京、神奈川、埼玉の1都2県で180万台がつながりにくくなる障害が起きたほか、同2月には関東甲信越で270万台に通話が途中で切れる不具合があったが、問い合わせは1000件余りだった。ドコモは今回の障害が顧客に及ぼした影響が深刻だったと見て、再発防止策を急ぐ方針だ。

    毎日新聞 2011年6月6日 21時15分

    ///////////////////////////////////////////



    ドコモの障害情報発表

    1.発生日時
     2011年6月6日(月曜) 午前8時27分頃

    2.回復日時
     2011年6月6日(月曜) 午後9時36分

    3.影響を受けたと想定されるお客様
     関東及び甲信越地域でFOMA、Xi、mova及び衛星携帯電話をご契約された一部のお客様
     (ご契約後、MNPを利用して他の事業者へポートアウトされたお客様を含みます。)

    4.状況
     FOMA、Xi、mova及び衛星携帯電話の音声通話とパケット通信(iモード含む)がご利用しづらい状況が回復しました。

    5.原因
     ドコモの通信設備の故障による輻輳
     ※故障原因については現在調査中です。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : NTT DoCoMo
    ジャンル : 携帯電話・PHS

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    251位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    109位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。