スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    孫社長「脱原発」で殴り込み 世直し?商魂?規制に挑む

    孫社長が参入を表明した太陽光発電
     ソフトバンクの孫正義社長が、「脱原発」と「自然エネルギー推進」を掲げ、電力業界に殴り込みをかけた。大風呂敷を広げてみせ、時の首相をもたきつける“商魂”たくましきバイタリティーは健在だ。規制だらけの通信業界に風穴を開けた孫社長。さらに厳しい規制と既得権益でがんじがらめの電力業界でも、“風雲児”となれるのか。

    赤坂での密談

     東日本大震災から2カ月をすぎた5月14日。東京・赤坂の料亭で意気投合する2人がいた。菅直人首相と孫社長だ。

     国難に当たり多忙な首相だが、会食は2時間以上に及び、「自然エネルギーで盛り上がった」(孫社長)という。

     その4日後の18日。菅首相は会見で、福島第1原発事故の賠償問題にからみ、突如として東京電力の「発送電分離」の検討を表明。さらに5月下旬のG8サミットで訪れたフランスでは、「2020年までに自然エネルギー電力20%」「太陽光パネル1千万戸設置」と、政府内で議論もしていない“口約束”を連発した。

     「首相の一連の発言に孫社長との会合が影響したのは間違いない」。政府関係者は、こう明かす。

     呼応するように孫社長も動く。25日に関東地方自治会議に出席し神奈川、静岡など19道県が参加する「自然エネルギー協議会」の設立を発表。26日には橋下徹大阪府知事ら関西広域連合と会談し協議会への参加は26道府県に拡大した。

     孫社長は、自然エネルギー事業に1千億円規模で投資すると表明。埼玉県との間では、孫社長が79億円、県側が1億円を拠出し、大規模太陽光発電所「メガソーラー」を建設する計画が進んでいるという。

    したたかな計算

     なぜ孫社長は突如として、自然エネルギーに目覚めたのか。

     「孫と私が動くのはいつも『世直し』のとき。今は自然エネルギーの普及を阻む規制と戦ってみたいという気持ちが大半だ」

     元民主党衆院議員で孫社長にスカウトされた嶋聡ソフトバンク社長室長は、その心中をこう代弁する。

     孫社長も、震災後のある会見で、脱原発について問われ、「一人の人間として多くの人々に幸せになってもらいたい」と、答えている。今回の事故を契機に「原発に嫌悪感を持つようになった」(総務省幹部)のは確かなようだ。

     もっとも、「慈善事業や社会貢献だけで金を出すような甘っちょろい人物ではない」(通信業界関係者)というのも、衆目の一致するところだ。

     実際、孫社長の震災後の行動には、したたかな計算がうかがえる。

     布石は菅首相に言わせた「発送電分離」だ。海外では発電事業と送電事業を別々の会社が手がける国も多いが、日本では電力会社が一手に握り、「地域独占」で電力を供給している。

     原発に比べはるかにコストが高い太陽光など自然エネルギー発電事業をビジネスとして成立させるには、この地域独占を崩す必要があるといわれてきた。発送電分離は、東電と巨大規制産業を切り崩す突破口だ。

     ソフトバンクに詳しいアナリストは、「大義と遠大な構想を掲げ、広く世論や社会に訴え、規制緩和で自らに有利な事業環境を整える。規制で守られてきた業界ほど、ビジネスチャンスも大きいというのが、孫さんの考え」と解説する。

    狙いは送電線買収?

     さらに株式市場では、「ソフトバンクは東電の送電事業の買収を狙っている」との観測もまことしやかに語られている。

     そのメリットは大きい。すべての家庭に張り巡らされた電力線は、通信インフラとして活用できる。今後、不安定な自然エネルギー電力を普及させるため、通信機能を組み込み、需給を制御する次世代送電網「スマートグリッド」の整備が進めば、通信と電力の融合はさらに加速する。

     送電塔を携帯電話の基地局に利用すれば、「つながりにくい」との不評も解消できる。

     東電の送電網の資産価値は、原発事故の巨額賠償金を一気に捻出できる4、5兆円とされる。約1兆8千億円を投じて英ボーダフォンから携帯事業を買収し今や売上高3兆円を超える企業グループに成長させた孫社長にとって、あながち無理な金額ともいえない。

     ただ、盟友となった菅首相が「退陣表明」後に「居座り続投」を宣言し、袋だたき状態になってしまったのは大誤算だろう。“反菅”の逆風が、自らに向いかねない。果たして孫社長の野望は成就するのか…。(森川潤)

    MSN産経ニュース 2011.6.5 18:00

    ///////////////////////////////////////////



    こういう、一人の記者が好き勝手に書いた記事を見るのに吐き気がする人は多い。産経はアホな記者の偏屈な記事が多く、原発推進企業だから、見ていてうんざりすることが多い。
    でも、この記事のような孫のしたたかな部分は理解できる。

    東日本大震災から、脱原発・自然エネルギー化の促進を訴え始めたが、きっかけは記事の示すことだと思う。
    しかし、孫が自己犠牲的な負け戦を仕掛けるようなことをするわけがない。

    ソフトバンクが携帯メーカー3社の中で一番つながりにくいことは、使っている人は実感している。被災地ほどつながらない状況は、福島原発近隣でも同様だ。
    iPhone以外に魅力が無いソフトバンクだが、ドコモ・auのような企業体の体制とは全く別の動きをしている。

    多少のインフラ整備はやっているが、他の2社と比べたら、のんびりやっている。
    震災後、他社の中継所を使って通信が出来るように規制緩和をしろ!と通産省に詰め寄っている。
    自社のインフラ整備を放棄して他社におんぶしてもらおうという魂胆である。

    ドコモは2011年夏モデルの新製品全てをSIMフリーに対応して他社の通信網に乗り替える選択ができるようにしたが、ソフトバンクはゼロ。auは通信方式が違うため、もとからできない。

    他にもソフトバンクを叩く要因はいくらでもあるが、だからと言って声を荒げるつもりは無い。
    iPhoneを含めた通信網を開放しない戦略は、ソフトバンクが通信網の弱さをみずから知っているから、人気機種だけで顧客をキープしているだけ。


    孫が考えているのは、新たな分野への殴り込み(改革)と、殴って勝つ事(独占の切り崩し)だろう。
    これは、価格競争を促し、利用者の利益をもたらす要因になる。
    まさに「もしドラ」好きな人たちが学んだ「イノベーション」だ。
    この点において、応援する。
    「もしドラ」ファンでもないし、ドコモ利用者だが、現状を打破するためには必要な動きであり、良い刺激になる。
    そろそろ、経団連会長の米長を蹴落として欲しい。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 気になったニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    脱原発カリスマ狙いでしょ

    橋下氏と同じく脱原発カリスマ狙いで、そこから電力利権を押さえたいとことでしょうね。一時、Twitter上では「孫正義を総理大臣に!」なんて声も盛り上がりましたし、マスコミと一体になって世論操作を進めていますね。この乱世の勝者が誰になるのか。


    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    251位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    109位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。