fc2ブログ










    放射性物質を体外に排出する薬剤、7月承認へ

    プルトニウムなどの放射性物質を吸い込んだ患者に使う薬剤2種類を、厚生労働省が7月に承認する見通しとなった。

     「ジトリペンタートカル」と「アエントリペンタート」(いずれも商品名)で、点滴すると、プルトニウムやアメリシウムなどの放射性物質を吸着し、尿を通じて体外に排出させる。

     同省は昨年5月、原発事故や放射能テロが起きた場合に必要性が高い薬剤だとして、製薬会社の日本メジフィジックス社に開発を要請。今年1月には審査機関に対し、迅速審査を通知していた。

    2011年6月4日15時13分 読売新聞

    ///////////////////////////////////////////



    放射性物質を排出する薬はかなり少ない。また、海外で使用できる薬でも日本では認可が下りていないものもある。
    日本国内で使える薬ができるのは良いことだ。

    しかし、この話には裏がある。

    日本メジフィジックス社は住友化学の子会社で、出資しているのは住友化学とGEの関連会社。そして、住友化学は米倉弘昌経団連会長が会長を務める会社。
    福島原発の事故後、放射性セシウムの体内除去剤が緊急輸入され、被災地に提供されたが、担当したのは日本メジフィジックス社。
    米倉は子会社の利権を大いに発動したわけだ。

    つまり、原発利権の製薬会社が作ったものだ。
    これまでも放射性物質を取り込まない薬はすでにあるのに、なぜ、新薬を日本で作るのか?海外で使われる薬を日本で許可しないのか?日本でのシェアを独占できるからだ。
    原発事故で子会社は大もうけ。経済が悪化しても、自分だけは得をする図式だ。

    放射性物質を排出する薬は副作用が多い。しかも、1/3位しか排出できない。
    ちゃんと検証しているんだろうな?でないと、別の問題が噴出するぞ!

    あ、そうか、福島県民を使って人体実験か。


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 原発事故
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    福島県民の人体実験という表現は不謹慎です。


    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    04 | 2024/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    58位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    32位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR