スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    千度以上示す核物質、3月12日に検出していた

    東電福島第一原発から約6キロ離れた福島県浪江町で3月12日朝、核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質が検出されていたことが分かった。

     経済産業省原子力安全・保安院が3日、発表した。検出された物質は「テルル132」で、大気中のちりに含まれていた。原発から約38キロ離れた同県川俣町では3月15日、雑草から1キロ・グラム当たり123万ベクレルと高濃度の放射性ヨウ素131も検出されていた。

     事故発生から2か月以上たっての公表で、保安院の西山英彦審議官は「隠す意図はなかったが、国民に示すという発想がなかった。反省したい」と釈明した。

     テルルの検出は、1号機から放射性物質を含む蒸気を放出する「ベント」の実施前だった。

    2011年6月3日23時09分 読売新聞

    ///////////////////////////////////////////



    また出てきた。
    テルル132は、3月15日、茨城県つくば市の空間放射線量調査で検出したと発表済みだったが、それが核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質ということだったのか。
    つくば市では4月3日まで検出している。
    また、3月15日に、群馬県高崎市、東京都台東区、千葉県の調査でも検出している。

    テルル単体及びその化合物には毒性があることが知られている。
    また、これらが体内に取り込まれると、代謝にされることによってジメチルテルリドになり、呼気がニンニクに似た悪臭(テルル呼気)を帯びるようになる。融点449.51度、沸点988度、水に不溶。
    3.2日でヨウ素132に変わり、ヨウ素132は2.3時間が半減期。その後、β線放出してキセノンにかわり安定化する。

    核燃料が1000度以上だったとすると、これまでの核燃料の損傷、圧力容器・格納容器の損傷割合が違ってくる。
    修復工程表の見直しも必要になる。
    それとも、工程表の試算には考慮済みなのか?


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 原発事故
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    251位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    109位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。