fc2ブログ










    東日本大震災:宮城県沿岸に有害物質流出 国の基準の2倍

    東日本大震災の津波に襲われた宮城県中部の沿岸部で、ヒ素化合物など3種類の有害物質が最大で国の基準の2.2倍検出されたことが、神戸大の飯塚敦教授(地盤工学)らの調査で分かった。震災の津波による土壌汚染の実態が判明するのは初めて。石油コンビナートや化学工場などの近くで値が高く、浸水地で作業する際はマスクや手袋での防御が必要だ。環境省も土壌汚染状況の緊急調査を予定している。

     飯塚教授らは4月下旬から、仙台市や石巻市など同県内約10カ所で土壌を採取し、土壌汚染対策法に定められた特定有害物質の溶出量と含有量を分析した。値が高かった石巻港の石油コンビナート近くでは、ヒ素・フッ素・ホウ素化合物のいずれも基準値を超過。石巻市渡波地区や名取市閖上(ゆりあげ)地区でもヒ素化合物の値がわずかに超えた。鉛やその化合物なども、基準値は下回ったものの広い範囲で検出された。有害物質が地下水に流出する危険が増すとされる基準値の10倍には達していないが、「乾燥した粉末を吸い込まない対策が必要だ」と指摘する。

     飯塚教授は「調査地点以外にも有害物質が大量に集積した場所があるかもしれない。復旧後の土地利用を決める前に被災地全体の汚染状況を調べる必要がある」と話している。

     環境省は6月中に、岩手・宮城・福島の3県の数十カ所で土壌中の特定有害物質やダイオキシン類の量を緊急調査する予定。

    毎日新聞 2011年6月2日 15時00分

    ///////////////////////////////////////////



    被災地では、有害物質の貯蔵タンクが破損してゴロゴロ転がっていた。引き潮で海底に転がっているものもある。
    商業施設の集まっている地域は、土壌汚染と海水汚染のダブルパンチだ。
    ヘドロが乾燥して肺炎が発生しているが、有害物質も吸い込んでいるだろう。
    その上に、放射性物質も降ってくる。


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 東日本大震災
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    03 | 2024/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    80位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    42位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR