スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    番組リハで脳障害に…毎日放送と吉本子会社提訴

    お笑いタレントらの養成所・吉本総合芸能学院(NSC)大阪校に在籍中、毎日放送(大阪市)のテレビ番組の野外リハーサルで熱中症になり、重い後遺症が残ったとして、大阪府内の元生徒の男性(24)と両親が、毎日放送と、吉本興業(同)傘下でNSCを運営する「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」(同)に計約2億6000万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴したことがわかった。


     1日の第1回口頭弁論で、被告側は請求棄却を求め、争う構えを示した。

     訴状によると、男性はNSCが募集した毎日放送の特番内のコーナー「番組対抗駅伝」のリハーサル要員になった。2008年7月25日正午に大阪城公園(同)に集合。午後5時頃に830メートルを走り、さらにその約30分後には1200メートルを走り始めたが、途中でふらつき中止した。約1時間後に救急搬送されたが熱中症と診断され、手足がまひし、記憶力などが低下する「高次脳機能障害」が残った。

     特番は男性が倒れた翌日、予定通り放送された。

     原告側は、当日の最高気温が35度以上で、日本体育協会の熱中症予防の指針に照らせば「運動は原則中止」の気象条件だったと指摘。毎日放送については「速やかな搬送など適切な対応を怠った」、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに対しては「毎日放送に安全面の配慮を求めるべきだった」と主張している。

     男性は4月に提訴。毎日放送からは09年7月、入院費など約177万円の支払いを受けたが、訴訟では慰謝料や介護費などを求めている。

     毎日放送の話「誠意を持って対応してきただけに残念。主張は裁判で述べる」

     よしもとクリエイティブ・エージェンシーの話「今後も適切に対応していきたい」

    2011年6月1日16時03分 読売新聞

    ///////////////////////////////////////////



    昨年の猛暑では、東京だけでも100名以上の死者が出た。尋常でない暑さで、自分も10回ほど熱中症になった。
    初めて熱中症になった時、経験の無い事態だったので対処も遅くなり、回復するまで半日掛かった。
    2回目以降は、自ら気付いて早目の対処をするようになった。1度でも熱中症になると掛かりやすくなる。

    熱中症の対応が遅れた可能性は高いだろう。
    しかも後遺症が残る状態なのに治療費の支払いのみでは納得できない。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 刑事事件・裁判関連ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    231位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    101位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。