スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    支店長は名ばかり、残業代求め提訴…蛇の目

    ミシン製造販売会社「蛇の目ミシン工業」(東京都八王子市)が全国に約100ある支店の支店長を管理職とみなして残業代を支払わないのは違法だとして、埼玉県春日部市の支店長ら59~64歳の男性3人が31日、同社に計約3200万円の未払い残業代を求める訴訟を東京地裁立川支部に起こした。

     訴状によると、同社は、「労働基準法上の管理監督者(管理職)にあたる」として、支店長に残業代を払っていないが、支店長の業務は製品の修理や訪問販売で経営全般にかかわる権限のない“名ばかり管理職”で、同社の給与規定は労働基準法に違反しているとしている。

     同社総務人事部は「訴状を受け取っていないのでコメントできない」としている。

    2011年5月31日13時28分 読売新聞

    ///////////////////////////////////////////



    「日本マクドナルド」の現役店長による未払い残業代と慰謝料を求めた訴訟で、2008年1月28日、東京地裁は日本マクドナルドに対し、約750万円の支払いを命じた。
    争点となったのは、店長である原告が、経営者と同等の立場であり、労働基準法上で残業代を支払わなくてよいとされる「管理監督者」に当たるかどうか。これに対し東京地裁は、裁量権や待遇の面から見ても店長は管理監督者には当たらないと判断、店長=非管理職として、一般社員と同様に残業代を受け取る権利があることを認めた。

    管理職には残業代が出ないというのは大きな間違いだ。労働基準法上は、『管理監督者には残業代を払わなくてよい』とされているが、労働基準法第41条でいう「管理監督者」と「管理職」という概念はまったく別のもの。
    管理監督者には、以下の条件に当てはまらなければならない。

    1.労働時間、休憩、休日等に関する規制の枠を超えて活動せざるを得ない重要な職務内容を有していること
    労働時間や休憩や休日の規定が適用されない。つまりいつ休みを取るとか、出勤時間をどうするかとか規定されていない。もし勤務時間が定められていて、それに準じなければいけないということであれば、管理監督者という意味からは外れる。

    2.労働時間、休憩、休日等に関する規制の枠を超えて活動せざるを得ない重要な責任と権限を有していること
    肩書があっても、自らの裁量で行使できる権限が少なく、多くの事項について上司に決裁を仰ぐ必要があったり、上司の命令を部下に伝達するに過ぎないような者は当てはまらない。

    3.現実の勤務態様も、労働時間等の規制になじまないようなものであること
    管理監督者は、時を選ばず経営上の判断や対応が要請され、労務管理においても一般労働者と異なる立場にある必要がある。労働時間について厳格な管理をされているような場合は、当てはまらない。

    4.賃金等について、その地位にふさわしい待遇がなされていること
    賃金面で充分に優遇されているということである。役職手当が、一般社員と違った形で支払われ、たとえ一定の残業があったとしてもそれを補えるぐらいの手当があるということ。

    厚生労働省


    残業代や役職手当で充当されていないだけでなく、業務実態をみて判断される。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 気になったニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    330位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    147位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。