スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    フグ食禁止の中国、解禁向け養殖場に視察団

    フグ食解禁を検討している中国政府の食品衛生部門の責任者ら約10人が29日、トラフグの養殖が盛んな長崎県松浦市を訪れ、新松浦漁協のフグ加工場や松浦水産の陸上養殖場を視察した。

     長崎県は養殖トラフグ生産量が全国一で、中でも松浦市は最大の産地。フグ食が原則禁止され、解禁を望む中国の養殖業者と、中国市場への拡大を目指す同市の業者らが連携し、中国政府に働きかけて視察が実現した。


    無題


     訪問したのは、食品衛生の許認可や関連法の立案を行う中国衛生部、養殖会社の関係者。「さばいた部位の処理法は」「安全を保証する認可制度は」など、衛生面に関する質問を浴びせていた。

     中国のトラフグ養殖会社の盃雪松会長は「中国市場は巨大で、日本産が流通しても共栄できると思う。(今回の視察など)政府の動きを見ると、解禁は近いのでは」と期待を寄せていた。

    2011年5月30日10時48分 読売新聞

    ///////////////////////////////////////////



    市場拡大の意味ではいいが、中国でふぐを食べるのは怖いな。
    危険部位の取り扱いや衛生的な問題、養殖の過剰な薬品投与など、これまでの中国の食に関する問題を考えると、不安ばかりだ。

    安いトラフグが出回って日本市場が潰されないように。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 食に関するニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    246位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    109位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。