fc2ブログ










    茨城・鹿嶋市、県産食材の給食使用を見合わせ

    茨城・鹿嶋市、県産食材の給食使用を見合わせ

     茨城県鹿嶋市教育委員会が、福島第一原子力発電所事故による放射線の影響を不安視する声を受けて、学校給食に県産食材の使用を見送っていることが28日、分かった。

     県内の農畜産関係者らは「風評被害を助長する」として、市教委の対応を疑問視している。

     市教委の担当課によると、県産食材の使用を取りやめているのは、市内17小中学校のうち市学校給食センターで調理している16校の給食。肉、野菜、魚など給食に使う食材の大半を関西や四国地方などから仕入れているという。学校給食が再開された4月中旬以降、保護者から給食の安全性について不安の声が相次ぎ、市教委は県産食材の使用を見合わせる措置を取った。

     市教委はホームページでも、学校給食の食材について「摂取制限や出荷制限が出されている食材は使用していない」「当面は、西日本産を中心に食材を発注」「牛乳は福島産や茨城産原乳は使用していない」などとうたっている。

    2011年5月29日03時05分 読売新聞

    ///////////////////////////////////////////

    学校給食の食材について

    平成23年東日本大震災に伴う学校給食の食材についてお知らせします。

     現在、摂取制限や出荷制限が出されている食材について使用しておりません。
     また、地産地消推進という使命はありますが、当面は西日本産を中心に食材の発注をしております。

     牛乳については、福島産や茨城産原乳は使用しておりません。

     以上のように、関連情報を収集したうえで、安全な学校給食を提供しておりますので、安心してお召し上がりいただきますようお願いいたします。

    鹿嶋市

    ///////////////////////////////////////////



    横浜市は平気で放射能汚染野菜を使用して子供に食べさせているが、こういう動きは広がるだろう。
    これまで、散々子供の方が影響が出ると言われているのに、大人の基準で食べさせているのだから。
    もちろん大人だって食べない方がいいのは確かだ。
    地中から栄養分を吸収する農産物は、表面を洗い流したところで除去できるレベルではない。
    しかも、検査は洗い流して行っているため、洗っても減らないレベルだ。
    原発事故発生から1年が正念場。ここで頑張って放射性汚染の農産物・海産物を食べない努力は、将来の健康被害を食い止める上で大切なことだ。


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 原発事故
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    04 | 2024/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    72位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    39位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR