fc2ブログ










    震災対応の職員3月時間外手当 岩沼市は3割カット

    東日本大震災の対応に当たった自治体職員の残業代問題で、宮城県岩沼市は市職員の3月分の時間外手当を総額で3割削減して支払ったことが19日、分かった。市は「震災という非常事態を考慮し労使双方で協議して決めた」としている。
     市によると、削減されたのは3月11日以降の時間外手当で管理職を除く264人が対象。1人平均92時間残業をしており、消防や水道関係職員の中には200時間を超えたケースもあった。
     市はこれら時間外手当を特例措置として、本人の基本給の額や、夜間・深夜割り増しを計算せず、一律1時間当たり1800円に統一。上限を150時間と設定し、超過した場合は支給せず、その時間分を休日取得に振り替えてもらうことにした。
     その結果、通常の規定で支払えば約6000万円に上る時間外手当を約4200万円に縮減させ、13日に支給した。1人当たり平均支給額は約16万5000円。
     県市町村課は「給与制度の変更は、基本的に各自治体が条例や規則で定める必要がある」としている。
     一方、市職員の残業代1億6000万円(530人分)を半額カットし県から違法性を指摘された名取市は、4月に未払いだった約8000万円を20日に全額支給する。

    河北新報 2011年05月20日


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 東日本大震災
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    04 | 2024/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    72位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    39位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR