fc2ブログ










    福島の農畜産物被害、第1次請求は4億5千万円

    東京電力福島第一原子力発電所の事故で、福島県のJAグループは17日、農畜産物被害として、東電に補償を求める第1次請求分は4億5000万円になると発表した。

     4月末までの被害約1500人分で、請求額は今後、大幅に膨らむ見通し。

     内訳は、放射性物質が検出されて出荷停止となった農作物約1億円と加工前牛乳約3億円、風評被害のうち実際に価格が下落し、国が補償対象とした農作物約5000万円分。

     書類作成が間に合わなかった農家などの分は6月に第2次請求する。さらに、作付け制限されたコメや風評被害で販売できなかった農作物などの被害、農家の休廃業補償なども今後、請求していく方針。

     JA福島中央会の庄條徳一会長は「今回は収穫の端境期で、被害額は少なかった。今後、コメや果樹などがどれほど影響を受けているのか見極めたい」と述べた。

    2011年5月17日20時08分 読売新聞

    ///////////////////////////////////////////



    風評被害で売れない損額も計上されている。
    だから、農家の皆さん、畜産家の皆さん、農産物・畜産物を出荷しないで、補償してもらって下さい。

    スウェーデンの牛乳組合は、チェルノブイリ原発事故後、政府は300ベクレルの規制値であったが、自ら30ベクレルと厳しい基準を設けて放射線被害を防いだ。もちろん補償された。

    生産者は、将来の日本を考えて、どうか出荷しないようお願いします。


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 原発事故
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    03 | 2024/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    75位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    36位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR