fc2ブログ










    富士重・トヨタ共同開発、スポーツカー来春発売

    富士重工業は16日、トヨタ自動車と共同開発している小型スポーツカーを2012年春に日本、北米、欧州など世界で同時発売する方針を明らかにした。


     小型スポーツカーは、富士重とトヨタの業務提携の柱の一つ。富士重が開発する重心の低い水平対向エンジンにトヨタの低燃費技術を組み合わせる。後輪駆動とすることで操縦性を高め、「パワーよりもクルマを操る楽しさを強調した」(富士重)という。

     富士重が軽自動車の生産を来春やめることに伴い、現在軽自動車を生産している本工場(群馬県太田市)で生産し、トヨタと富士重の販売網で発売する。価格は明らかにしていないが、「若い人でも手が届く価格にしたい」(同)としており、最低価格が250万円未満になるとみられている。

    2011年5月16日20時24分 読売新聞

    ///////////////////////////////////////////



    水平対向エンジンは、富士重以外にはポルシェのみ。前面を低く抑えられるため、空力特性がいい。
    また、エンジンの姿勢バランスが大きく崩れない。しかし、富士重の特許である。

    FRの技術はトヨタ。富士重でも20年以上前にアルシオーネでFR車を作っていたが、基本的な技術はトヨタに分配が上がる。86レビンは走り屋に大人気だった。
    富士重・スバルのレガシィやインプレッサは、10年前の3型の頃は、チューンUPして出力が上がり過ぎるとドライブシャフト(動力伝達部分)がねじ切れ、オートマはガラスのミッションとも言われた。

    今回の震災で、トヨタは部品工場が分散していたため打撃を受けたが、富士重は太田市近辺に集中していたため、生産量の落ち込みはほとんどない。


    エコ化が進む自動車が主力商品ではあるが、スポーツカーを作る技術からの展開も十分にある。
    時代に逆行していると言われるかもしれないが、「この車がほしい」という車に乗りたい。


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 経済・社会
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    03 | 2024/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    80位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    42位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR