fc2ブログ










    福島・一時帰宅 喜びに水差す説明会 「自己責任」署名に村民反発

    福島第一原発事故で立ち入りが禁止された警戒区域内の「わが家」へ-。十日、防護服を着込んだ福島県川内村の住民たちが一時帰宅を始めたが、滞在は二時間、持ち出せるものも一袋分だけ。それでも多くは帰宅に顔をほころばせたが、国から「自己責任」の確認を求められ、一転して怒りだす場面もあった。 

     一時帰宅に先立ち、住民を乗せたバスは午前八時五十分、晴れ間がのぞく中、「中継基地」の村民体育センターに到着した。住民の手にはタオルや衣類などが詰め込まれたバッグや、家畜などの餌を入れた袋が。再会に涙を流して抱き合う女性もいた。「とにかく帰りたい」

     「責任を押しつける気か」。住民が感情を高ぶらせたのは説明会。国側が「(住民らは)自己責任で立ち入る」とする同意書に署名するよう求めると、「国や東京電力は責任を取らない気か」「私たちは被害者なのに」などと怒りだし、国側は「十分注意してほしいとの趣旨だ」などと釈明に追われた。

     東電の担当者が防護服や線量計の使用方法の説明を始めると、住民の一人が「おまえは誰だ、名乗れ」と大声を上げ、担当者が「申し遅れました」と名前を告げた上で説明を続ける一幕もあった。

     滞在を二時間と決められたことに不満も。箭内久吾さん(72)は「散らかしたままで出てきたから、半日ぐらいかけて片付けたかった。こっちの身にもなってほしい」と憤った。

     千葉県流山市に避難している高山金作さん(82)は「持病の高血圧の薬を持ってきたい」。坂本ユキ子さん(68)は愛猫のペットフードの大きな袋を抱え「餌をやるためだけに帰る。いればいいけど…」と不安そうだった。

     白い防護服に身を包んだ村民らは「暑い」「これで作業できるかな」と不安を口にしながらバスへ。やや緊張した面持ちの村民を乗せたバスはパトカーに先導されて警戒区域に向けて出発した。

     村民が立ち入った警戒区域の民家は、石垣や屋根が崩れブルーシートが掛けられた家もあり、震災の爪痕が残る。住宅近くの畑は放置され、菜の花や雑草が生い茂る。道端の自動販売機は電源が切れ張り付けられた広告も破れたままだった。

    東京新聞 2011年5月10日 夕刊

    ///////////////////////////////////////////



    住民の神経を逆なでる同意書だな。おっしゃるとおり、自己責任で被曝したことを認めることになる。
    ひどい話だ。
    今後、健康被害が起きた時の訴訟で、有利にするための布石だ。

    これまで、同意書なしで立ち入ることができた期間はどうなるのだ?
    避難しないで住み続けた住民は放射線の影響で白血病になったら?
    こういう対応ばかり先に考えていることに腹が立つ!


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 原発事故
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    04 | 2024/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    58位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    32位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR