fc2ブログ










    川内村10日から一時帰宅、犬猫も職員連れ帰る

    東京電力福島第一原子力発電所から20キロ圏内の警戒区域への一時帰宅が10日、福島県川内村で始まる。


     9日は、圏外の中継基地となる村役場隣の村民体育センターで、県や村の職員ら約20人が案内板や防護服の着替えスペースの設置など会場準備に追われた。

     村は10日と12日の2回、一時帰宅を行う。9日午後5時現在、初日の希望者は55世帯95人。住民は10日午前、原発から約22キロ離れた同センターに集合。防護服に着替え、計5台のバスに分乗し、自宅に向かう。警戒区域にいる時間は2時間で、大雨の場合は中止する。

     一方、環境省と県は、住民の要望を受け、同村の警戒区域内に残されたペットの犬と猫の持ち出しを認めることにした。一時帰宅した住民が庭先や玄関前などにつないでおけば、翌11日に職員が保護し、連れ帰る。

    2011年5月9日21時58分 読売新聞

    ///////////////////////////////////////////



    ペットも保護されるのか!よかった!
    ペットを大切に思う気持ちは、飼っている人にしか分からない。
    犬はいいけど、猫は鎖飼いではないから、どうやるの?うまく保護してくれよ。


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 原発事故
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    04 | 2024/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    58位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    32位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR