fc2ブログ










    清志郎さん豪華3回忌!泉谷が、ゆずが、愛し合ってるか~い!!…武道館トリビュートライブ

    清志郎さん豪華3回忌!泉谷が、ゆずが、愛し合ってるか~い!!…武道館トリビュートライブ

    09年5月にがん性リンパ管症のため死去したロック歌手・忌野清志郎さん(享年58歳)の命日にあたる2日、東京・北の丸公園の日本武道館で19組のアーティストによるトリビュートライブが開催された。“盟友”の泉谷しげるは、RCサクセションの反原発ソング「サマータイム・ブルース」をサプライズで熱唱。同所は、忌野さんが08年2月、がん闘病からの「完全復活祭」を行った聖地。1万2000人が、約3年ぶりの忌野さんの“凱旋”に熱狂した。

     清志郎さんが、約3年ぶりに聖地・日本武道館に帰ってきた。

     「武道館ベイベー! 今日はみんな、楽しんでいってくれ~」。冒頭、自転車に乗って武道館まで駆けつける元気な清志郎さんの映像に、1万2000人のファンは総立ちで絶叫した。この日は、清志郎さんの三回忌となる命日。RCサクセション時代からコンビを組む仲井戸“CHABO”麗市を始め、清志郎さんをリスペクトする斉藤和義、ゆず、ザ・クロマニヨンズ、YUKIら19組が集結。清志郎さんの過去のライブ映像を交え「雨あがりの夜空に」「スローバラード」など49曲を披露。

     泉谷は「原発はいらねぇ」と歌う「サマータイム・ブルース」のほか、「核などいらねぇ」と歌う「ラブミーテンダー」を、アリーナ席の中央でアカペラで熱唱。予定していた楽曲を取りやめて「サマー…」をサプライズで歌唱。

     泉谷は88年当時の同曲のレコーディングにゲスト参加しており、震災後もイベントで数度披露してきた。

    「安全なんだろ、だったらお台場に造れ!(武道館がある)九段の近くに造れ!一家に一台、小原発造れ、バカヤロウ!」と絶叫した。また先月、反原発の替え歌をネット上で披露した斉藤は「清志郎さ~ん、まだ替え歌は怒られちゃいますよ~」と、ちゃめっ気たっぷりに呼びかけた。トータス松本も「こんな時代だからこそ歌いたい」と愛情を込め、魂を受け継ぐように歌い上げた。

     清志郎さんの急死後、野外フェスなどで追悼イベントは行われてきたが、東京でのトリビュートライブ開催は初めて。日本武道館は、清志郎さんが81年以来何度もステージを踏み、08年2月に喉頭がんから復活して一時活動を再開させたゆかりの地。この日もタモリや黒柳徹子ら著名人60組以上が「ラブ&ピース」とコメントで映像出演した。

     会場には清志郎さんの決めゼリフ「愛し合ってるか~い」が響き渡り、約6時間の“凱旋ライブ”を「雨あがり―」の大合唱で締めくくった。

    2011/5/3-06:00 スポーツ報知

    ///////////////////////////////////////////

    忌野清志郎さん:反原発ソング100万ダウンロード超 売り切れ続出

    09年5月に他界した歌手忌野清志郎さん(享年58)の三回忌にあたる2日、東京・日本武道館で追悼ライブが開かれた。

     泉谷しげる(62)は、東日本大震災後に注目を集めている清志郎さん率いた「RCサクセション」の反原発ソング「サマータイム・ブルース」を熱唱。同曲は動画投稿サイト「ユーチューブ」で関連動画が計100万ダウンロードを超え、CD店で売り切れが続出している。

     「サマータイム・ブルース」は米歌手エディ・コクランの同名曲の替え歌。清志郎さんは今から20年以上前に「日本の原発は安全です さっぱりわかんねえ 根拠がねえ」と歌い、原発を痛烈に批判した。

     同曲を収録したアルバム「COVERS」は、当時の東芝EMI(現EMI)が突然発売を中止した日本ロック史に残る問題作。その理由を同社は明確に明かさず、清志郎さんは激しく反発した。原子力産業の中核を担う親会社に配慮したのが理由とみられている。

     それから20年余。ユーチューブでは同曲のライブ映像が複数投稿されており、震災後に再生回数が急上昇。多いもので40万回を超え、同時期に制作された反核曲「ラブ・ミー・テンダー」の映像と合わせると、100万回を突破。コメント欄には「彼の警告は現実になってしまった」などとする意見がいくつも書き込まれている。

     <ブルーハーツ、佐野元春らも>ほかの反原発ソングも関心を集めている。86年のチェルノブイリ原発事故後「ザ・ブルーハーツ」が88年に発表した問題作「チェルノブイリ」。佐野元春(55)も同年、原発事故に対する危機感を込めた「警告どおり計画どおり」を発売した。また、浜田省吾(58)も82年発表のアルバムに、原発事故で変わり果てた街の情景を描いた「僕と彼女と週末に」を収録している。

    スポニチ 2011年5月3日

    ///////////////////////////////////////////



    忌野清志郎3回忌のトリビュートライブ、テレビでも流れたが、原発関係の発言は一切無し。
    ネットニュースで脱原発曲が歌われた事を知り、ほっとした。
    清志郎が他のミュージシャンと違う点であり、社会性を持たせた重要な曲だ。

    ジョン・レノンは「ラブ&ピース」を掲げ、オノ・ヨーコと全裸でベッドからメッセージを送った。

    ニュースの補足として、「COVERS」は、キティ・レコードから発売された。
    雑誌やラジオ局はこぞって取り上げた。しかし、FM東京とNHKだけは絶対流さなかった。
    福島第一原発1,2,3,4号機は日立製、5,6号機は東芝製。

    斉藤和義は自身の曲「ずっとスキだった」を替え歌で「ずっとウソだった」を匿名で動画サイトに投稿した。本人は自分ではなくファンだと言っている。
    契約しているビクターは封印しようと動画削除に躍起になっている。

    清志郎は今回の原発事故を想像していたかもしれない。
    「それでもテレビは言っている
    「日本の原発は安全です」
    さっぱりわかんねえ、根拠がねえ」

    「牛乳のみてえ~」


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 芸能界のニュース
    ジャンル : アイドル・芸能

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    03 | 2024/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    75位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    36位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR