スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    ダイコー会長ら3人逮捕=食衛法違反容疑-廃棄カツ横流し・愛知県警など


    ダイコー会長ら3人逮捕=食衛法違反容疑-廃棄カツ横流し・愛知県警など

    カレーチェーン「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)が廃棄した冷凍ビーフカツが転売された事件で、愛知、岐阜両県警は12日、食品衛生法違反の疑いで、カツを横流しした産業廃棄物処理会社「ダイコー」(愛知県稲沢市)会長、大西一幸容疑者(75)=稲沢市長野=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

    1_201607121400042b5.jpg
    愛知県が産業廃棄物の撤去を進める産廃処理会社「ダイコー」の本社工場=12日午前、同県稲沢市


     また、ダイコーからカツを購入し転売した製麺業「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)実質経営者、岡田正男容疑者(78)=愛知県豊山町豊場=を同法違反と詐欺の疑いで、転売に関与した卸売業「ジャパン総研」(名古屋市)元社員、木村正敏容疑者(76)=同県岩倉市大市場町=を詐欺容疑でそれぞれ逮捕した。岡田容疑者は「だまして売っていない」と詐欺容疑を否認、木村容疑者は一部否認しているという。

     両県警は3人が金銭目的で横流ししたとみて、食の安全を大きく揺るがせた事件の全容解明を進める。

     逮捕容疑では、大西容疑者は昨年10月19日~12月29日ごろ、廃棄を委託された冷凍ビーフカツ約3万6500枚を岡田容疑者に約109万円で無許可で販売した疑い。岡田容疑者は廃棄カツであることを隠して同12月、会社代表に200枚を納品し、代金9720円をだまし取ったとされる。木村容疑者は同11~12月、廃棄カツ計7500枚を転売し、代金約40万円を詐取した疑い。
     壱番屋は昨年10月、製造過程で異物混入の恐れがあるとして、ダイコーに冷凍カツの廃棄を委託。ダイコーは壱番屋に「カツを全て処理した」とする産業廃棄物管理票を提出したが、実際は大半を処分せず、みのりフーズに横流しし、木村容疑者を通じてスーパーや弁当店などに出回っていた。

    時事通信(2016/07/12-11:51)

    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



    壱番屋製品以外も横流しか=転売仲介業者が大量保管-焼き鳥など200箱・岐阜県

     カレー店「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)が廃棄した冷凍ビーフカツが横流しされた事件で、岐阜県は15日、冷凍カツの転売を仲介した製麺業「みのりフーズ」(同県羽島市)の冷凍庫から、壱番屋製品以外の焼き鳥など段ボール約200箱分の賞味期限切れ冷凍食品が発見されたと発表した。

    溶けたカツ、再び冷凍か=廃棄品転売の業者-壱番屋回収

     みのりフーズは産業廃棄物処理会社「ダイコー」(愛知県稲沢市)が、壱番屋から廃棄を委託された冷凍カツを入手していた。みのりフーズの実質経営者の男性は岐阜県に対し、壱番屋以外の製品についても「ダイコーから入手した」と話しており、県は横流しされた可能性があるとみて確認を進めている。
     県の15日の調査で、賞味期限が切れた段ボール入りの焼き鳥136箱、ビンチョウマグロのスライス49箱、フライドチキン20箱が、みのりフーズの冷凍庫内から見つかった。いずれも壱番屋以外の製品で、段ボール箱にはメーカー名が表示されているものもあった。県が詳しい製造元などを調べている。
     冷凍庫からはこの他、市販されていない壱番屋のチキンカツ、メンチカツ、ロースカツも新たに計約400個見つかった。包装されたもののほか、段ボール箱にビニールを敷いた状態でバラ詰めにされたものもあった。
     県は流通経路などを調べるとともに、食品衛生法に抵触する恐れがあるとして厚生労働省と協議。岐阜県警にも情報を提供するという。

    時事通信(2016/01/15-22:15)

    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



    岐阜、三重にも隠し倉庫か=賞味期限切れ製品保管-ダイコー

     壱番屋(愛知県一宮市)が廃棄した冷凍カツが転売された事件で、岐阜県と三重県は4日、廃棄を委託された産業廃棄物処理会社「ダイコー」(愛知県稲沢市)の貸倉庫をそれぞれ立ち入り調査した。両方とも菓子などが保管され、多くが賞味期限切れとみられる。

     岐阜県海津市と三重県いなべ市で見つかった倉庫は、両県から廃棄物処理法上の許可を受けておらず、同法違反の疑いがあるとみて調査を進める。

     岐阜県は同日、愛知県から情報提供を受け、ダイコー従業員を立ち会わせて任意で調査。倉庫は広さ約1200平方メートルで、段ボール箱詰めの製品が保管されていたという。

     三重県によると、いなべ市の約800平方メートルの倉庫にはチューインガムが入った大量の袋や段ボール入りのフルーツ缶詰などのほか、古い畳も積まれていた。

    時事通信(2016/02/04-20:16)

    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



    「金欲しく、魔が差した」=大西会長「責任取りたい」-廃棄食品横流しのダイコー

     廃棄を請け負った食品を横流ししていた産業廃棄物処理会社「ダイコー」(愛知県稲沢市)の大西一幸会長(75)が、29日までの時事通信の取材に、壱番屋(同県一宮市)のカツを売却した経緯について「金が欲しかった。魔が差してしまった」と話した。「周りに迷惑を掛け、反省している。自分で責任を取りたい」とも述べ、行政や警察の調査、捜査に協力していると説明した。

    壱番屋の冷凍肉、カレールーも=「販売しようとした」-みのりフーズ

     横流し発覚後、大西会長が取材に応じたのは初めて。壱番屋が廃棄した冷凍ビーフカツなどを製麺業「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)に売却したと認め、「私らの時代は草も食べた。もったいないという思いもあった。ただ、それは昔の話で、今は通用しない」と振り返った。
     異物混入の恐れで廃棄されたカツを食品として流通させたことには、「腹を下したり、歯が欠けたりした人がいなくてよかった」と述べた。
     大西会長はこれまで弁護士を通じて、ビーフカツ約5トンを約80万円で売却したと明らかにしている。取引方法に関しては今回、「伝票も領収書も出さず、現金でやる。証拠は残さなかったし、『絶対分からんようにしてね』と言った。全て自分1人でやったことで、従業員らは関係ない」と説明した。
     みのりフーズの実質経営者(78)は「会長から取引を持ち掛けられた。廃棄品とは知らなかった」と主張しているが、大西会長は「向こうから『売ってほしい』と来た。『訳あり』だと伝えており、廃棄品だと知っている」と反論した。
     みのりフーズには壱番屋製品以外にも、ダイコーから渡ったみそ製品、冷凍のマグロスライス、焼き鳥など大量の廃棄品が保管され、一部は転売されていた。大西会長は「『増えてきたから置かせてくれ』と頼んだ。会社にやってきて『会長から許可をもらった』とうそをつき、勝手に持って行くこともあった」と釈明した。

    時事通信(2016/02/29-11:18)

    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



    以前にも食肉偽装で問題となったがこの件も根本的なところは同じで、私利私欲に走った経営者の犯罪である。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 食に関するニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    33位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    16位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。