スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    スマホ位置情報、通知なしで「警察に提供」可能に 沖縄事件で注目、「スムーズな捜査」か「プライバシー保護」か

    2016年4月から行方不明だった沖縄県うるま市の会社員女性(20)が遺体で見つかった事件は、女性が持っていたスマートフォンの位置情報が操作の端緒になった。この情報取得のあり方が、少し変化する可能性も出てきた。

    これまで、警察などの捜査機関は令状に基づいて携帯電話会社から位置情報を得ていたが、携帯電話の画面には「位置情報が検索されようとしています」といった表示が出る仕組みになっていた。だが、今後発売される一部の機種からは、それが表示されないようになる。捜査はスムーズに進むことになりそうだが、プライバシーの保護の観点からは懸念も出そうだ。

    沖縄の事件では被害者の位置情報が端緒に

    沖縄県うるま市の事件では、女性が持っていたスマホの位置情報が途絶えた場所の周辺を通行した車両を調べたところ、米軍関係者が使う「Yナンバー」の車の存在がクローズアップされた。沖縄県警は5月16日にYナンバー車を所有する米軍族の男(32)に任意で事情聴取し、5月19日に死体遺棄容疑で逮捕した。スマホが捜査のカギになった形だが、女性の遺体発見後もスマホは見つかっていない。

    総務省が定める「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン」では、犯罪捜査のために捜査機関が位置情報の開示を求めた場合は、携帯電話会社は(1)位置情報が取得されていることを利用者が知ることができる(2)裁判官の令状がある、ことを条件に開示することになっていた。(1)に対応するために、これまでの携帯電話では、位置情報が検索された場合、画面に「この端末の位置情報が検索されようとしています」と表示されたり、振動したりする仕組みになっていた。

    総務省「ガイドライン」が改定されていた

    だが、この機能が捜査の支障になるとして、警察庁は総務省に対してガイドラインの改定を要請。その結果、15年6月にはガイドラインから

    「当該位置情報が取得されていることを利用者が知ることができるときであって」

    という文言が削除された。ガイドライン上は、利用者に通知がなくても、令状があれば捜査機関が位置情報を得られるようになった訳だ。

    そして、このガイドライン改定が、実際の端末にも反映され始めている。NTTドコモは、16年5月に発売された基本ソフト(OS)に「アンドロイド」を搭載したスマホ5機種で新ガイドラインに対応した、と報道されている。KDDI(au)やソフトバンクも対応を検討している模様だ。

    一方、利用者は端末のGPS機能を無効に設定することもでき、その場合は外部から検索することは困難になる。

    今回のガイドライン改定をめぐっては、日本弁護士連合会(日弁連)が15年5月に

    「位置情報の取得を利用者に知らせることを不要とすれば、市民の知らないうちに、その行動が監視されることを認めることになり、市民に対し、捜査機関から常にGPS位置情報を取得されているのではないかという不安を感じさせることになる」

    として反対する意見書を発表している。

    警察にとっては、迅速な捜査に必要な措置といえるが、利用者の側も自分のプライバシーの「自衛」策が必要になりそうだ。

    J-CASTニュース 2016/5/20 20:08

    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////



    上の時系列で見てみると、
    2015年6月24日に「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン」が改定された。(PDF
    2016年5月20日沖縄県うるま市の事件発生
    2016年5月以降に発売されたスマートフォン5機種に実装済み

    該当する機種は以下のものと思われる

    Xperia X Performance SO-04H
    2016年6月24日発売

    Xperia.png


    Galaxy S7 edge SC-02H
    2016年5月19日発売

    Galaxy.png


    AQUOS ZETA SH-04H
    2016年6月10日発売

    AQUOS ZETA SH-04H


    arrows SV F-03H
    2016年7月6日発売

    arrows SV F-03H


    Disney Mobile on docomo DM-02H
    2016年7月8日発売

    Disney Mobile on docomo DM-02H


    これら5機種はいずれもアンドロイドOS6.0となっており、今後発売される6.0の端末には実装されると思われる。
    現在発売予定されているのはタブレットだが「arrows Tab F-04H」(2016年7月下旬)がある。



    位置情報提供については、2013年から警察や消防などの番号(110、118、119)に掛けると位置情報が自動的に送信されるようになっている。
    また位置情報が取得できない場合やGPS非搭載端末では電波局の基地情報が送信される。
    これは犯罪に巻き込まれたり危険な状況に陥っていることも想定され、本人に居場所を聞き出せなくても捜査・捜索ができるようにするためだ。
    ただ、184を付けて発信した場合や「発信者番号通知」を“通知しない(非通知)”に設定して発信した場合は、位置情報通達システムとしては位置情報を送信しない。必要と思われた時は任意で通信会社は情報提供することになってる。
    ここで言う位置情報とはGPS機能がONになっていれば端末のGPS測位情報であり、そうでない場合は基地局情報である。
    基地局情報による位置情報の精度は数100m~10,000m程度であるため、山中などの基地局が少ないエリアでは精度が低い。



    今回の件は、これらの位置情報送信サービスとは別に、犯罪捜査のために捜査機関が位置情報の開示を求めた場合は、裁判所の令状があれば本人に知られずに送信されることになる問題だ。
    裁判所の令状がなければ捜査機関は位置情報取得できないので、そういった人でない限りは影響はないと思われる。
    犯罪者の追跡やストーカーの防止につながるのであれば有用であろう。

    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : スマートフォン
    ジャンル : 携帯電話・PHS

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    120位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    56位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。