スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    チリ産の養殖サーモンは“薬漬”って本当か? 現地チリ人の証言「私は食べません」

    ※ 古い記事ですが未公開のまま放置していたものです。



    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    「チリ産養殖サーモン」についてネット上で大論争が巻き起こっている。チリの養殖サーモンは“薬漬”の危険な魚で、海洋汚染も招いているという。そこで識者を直撃、現地からの声も交えて徹底検証した!!

    抗生物質の平均使用量はノルウェーの500倍以上!?

    スーパー店頭に並ぶチリ産養殖サーモン。国産養殖や天然モノに比べて安く、人気がある
    スーパー店頭に並ぶチリ産養殖サーモン。国産養殖や天然モノに比べて安く、人気がある

     チリは世界第2位のサーモン輸出大国で、日本はその一大消費地だ。スーパーにはチリ産の養殖サーモンが並んでいる。

     その生産現場である養殖場が数多く存在する、チリ南部アイセン州に住むピーター・ハートマン氏はこう語る。

    「私は養殖サーモンを食べません。抗生物質、殺虫剤、防汚剤など、“薬漬け”の実態を目の当たりにしているからです。この付近の住民には養殖場で働いている者も多く、皆それを知っています」

     アイセン州北部(パタゴニア地方)は、チリの首都サンチャゴから1500km。アイセン州北部やその隣のチロエ島では、サーモンの養殖場が爆発的に拡大している。

     チリのサーモン養殖に使われる抗生物質の量は、世界的に見ても特に多い。サーモン1tあたりの平均使用量を比較すると、世界1位のサーモン輸出国であるノルウェーの500倍以上で700.80g(グラフ参照)。

    ※「シーフードウオッチ」資料より
    ※「シーフードウオッチ」資料より

     海洋保全団体「オセアナ」のチリ支部は、これまでチリの水産局とサーモン養殖会社37社を相手取り、抗生物質の使用量の公開を求めて訴訟を起こしていた。これに勝訴し、裁判所は6月13日に水産局と業者らに情報公開を命じた。オセアナ・チリ支部事務局長のヴァン・デル・メール氏は、業者が抗生物質の使用量を隠していた理由について、こう話す。

    「業者によっては、病気のコントロールのために他社の10倍もの抗生物質を使っているところがある。これが国際的に公になると、消費国の輸入基準に合わないことが明らかになると考えたためでしょう」

    殺虫剤の平均使用量もノルウェーの5倍以上

     かつて現地の水産関連会社で働いていたA氏はこう指摘する。

    「チリの養殖サーモンに最も大きな被害を与えている魚病が『SRS(ピシリケッチア症)』です。感染した魚は、出血したり腎臓や脾臓が腫れたりして、最終的には死に至る。ノルウェーで抗生物質の使用量が少ないのは、ワクチンが開発されていることも大きい。ところがチリでは、このSRSに効くワクチンが開発されていません。だから、感染の初期段階で抗生物資を投与しないと、サーモンが大量に死亡することになります」

     さらに、「殺虫剤の投与も欠かせない」とA氏は語る。

    「サーモンの細胞組織に損傷を与え、死に至らせる寄生虫『海ジラミ』の対策のため、養殖の全期間を通じて殺虫剤が定期的に投入されているんです」

     こうした寄生虫対策のための殺虫剤使用量もチリが突出。サーモン1tあたりの平均使用量で27.92gとノルウェーの5倍以上に達する(グラフ参照)。チリだけがなぜか飛び抜けて“薬漬け”になっているのだ。

    ※「シーフードウオッチ」資料より
    ※「シーフードウオッチ」資料より

     もともとチリにサーモンは生息していなかったが、’70年代にJICA(国際協力事業団)がチリにサーモン養殖の技術を持ち込んだ。そのため、チリの養殖サーモンにはこの地域に生息する寄生虫への免疫がなく、殺虫剤を使用せざるをえなくなったという。

     アイセン州の養殖場で多く使用されているのは、バイエル社の殺虫剤「Byelice」。同社のサイトには次のように書かれていた。

    「サーモンをケージの中央へ集めて防水シートで囲い、水の出入りがないようにする。“薬浴”中は酸素を入れ続け、トリートメントが終わったら防水シートを取り除く。使用後の水は環境(海)に放出され、薬剤は溶ける」

     急激にサーモン養殖場が拡大したチリでは数年前にウイルスが蔓延。サーモンがほぼ全滅する被害が出て養殖が2年間禁止され、政府は新しい監視機関を設けて養殖場の水質監視を開始した。チリ国内の養殖場を検査している漁業検査官B氏は「水質汚染が安全基準を超えるケースも多く、養殖場の閉鎖を監督機関に依頼したケースもたくさんあります。でもその業者はまた他の場所へ移って、同じことを続けるんです」と話す。

    「汚染の原因は、サーモンの密集度でしょう。養殖用のケージ(檻)は、縦、横、高さともに30m。その中に5万匹のサーモンが入れられている。ウイルスに感染すると3日で養殖場は全滅してしまう。ノルウェーの基準では、同じ大きさのケージで2万匹まで。チリでは、その倍以上でも合法になっているんです。だから当然、魚が酸欠や病気になりやすい」(B氏)

     水質汚染が広がった養殖場で病気の魚が増え、それを防ぐために抗生物質や殺虫剤を大量に使用し、そのことでまた水質が悪化するという悪循環が続いている。

     ’15年4月、米国小売業界第3位のスーパー「コストコ」は「抗生物質の過剰投与が健康に悪影響を及ぼす」としてチリ産サーモンの割合を90%から40%に減らすと発表。撤退を始めている。当時の輸入量は毎週約270t、チリが米国に輸出するサーモンの8.5%を占めていたという。また米国では「ホール・フーズ」「トレーダー・ジョーズ」などのスーパーも抗生物質ゼロのサーモンを支持し、チリ産の販売を段階的に停止している。チリ産への不安は、日本以外にも広まっているのだ。

    ― 現地から告発「チリ産サーモンは危ない」は本当か? ―

    日刊SPA! 2016.07.08 ニュース

    ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



    このようなチリサーモンを危険視する記事に対して反論しているブログがあり、公平性や事実の信憑性の観点から非公開にしていました。
    反論する側は様々な立場の人たちです。
    養殖業者の関係者や従業員、輸入業者や販売する小売店や飲食店などです。
    すしざんまいの社長が、養殖サーモンの調達が安価になったので大々的にメニューに取り入れたという発言が15年以上前にありました。
    大手回転寿司企業も同様でメニュー開発を進め、今では人気寿司ネタ上位になるくらい消費者たちに浸透しています。
    それぞれの生産地である国は抗生物質や農薬使用量を決めており、アトランティックサーモン(アラスカ)では抗生物質の使用を禁止しているため、かなり安全です。しかし価格も高いのでスーパーではめったに見かけなくなりました。
    また、接触制限を設けている国もあります。
    カナダでは1週間に90グラムまでとなっています。
    では、日本ではどうでしょうか。魚介類の接触制限は日本政府でも発表しています。
    主に妊婦や幼児、老人に対してであり、理由として水銀やその他有害物質を含む食品を摂取することにより抵抗力のない者、胎児への影響があるためです。
    マグロやイルカ、クジラなど寿命が長い魚介類で体内に蓄積されることが多い種類です。
    ここで政府が発表しているものは、天然でのものであり養殖は除外されています。
    なぜ、養殖は除外されているのか?養殖を推し進めているのは他ならぬ国の政策だからです。
    JICAが発展途上国に養殖技術を売り込み、安価に海産物を調達するためです。
    日本における養殖はどこまで安全であるか?これは一概に言えないです。
    中国産養殖ウナギに基準量10倍以上のマカライト・グリーンが検出されたニュースがありましたが、日本の養殖でも同様の摘発は起きています。ただ、ニュースにされていないだけです。
    憶測だけで語るのは危険ですが、日本でも年間1000件以上の基準値超え検出があるのも事実です。
    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 気になったニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    05 | 2018/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    229位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    97位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。