スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    カネボウ:「白斑」症状6808人…消費者庁 社長が陳謝

    カネボウ化粧品の美白化粧品で、肌がまだらに白くなる「白斑」の症状が出ている問題で、消費者庁は23日、こうした症状を同社に訴えた人が、19日現在で6808人にのぼると発表した。このうち、白斑が3カ所以上にある▽大きさが5センチ以上ある▽顔に明らかに出ている−−などの重い症状を訴えた人は2250人だった。

    1_20130726020649.jpg
    肌がまだらに白くなった利用者=日本皮膚科学会提供



     同庁は、こうした症状が同社と関連2社の化粧品に含まれる「ロドデノール」という成分の作用によるとみて「現在症状が出ていなくても、使用を中止してほしい」と呼びかけている。肌の異常が出た場合は同社の窓口に相談の上、日本皮膚科学会のウェブサイト(http://www.dermatol.or.jp/upfile/1374205064_4.pdf)で紹介した57の医療機関を受診するよう勧めている。 

     一方、カネボウの夏坂真澄社長は同日、東京都内で記者会見し「発症された全ての方におわびしたい。これだけの数になったことに驚いている」と陳謝した。また「(利用者の)病気だという思い込みがあった」と述べ、被害を把握した段階で対応に誤りがあったことを認めた。

     今回の問題を受け、同社は夏坂社長を本部長とする対策本部を設置。「完治するまで責任を持って対応する」ことを基本方針として、訴えのあった利用者を訪問し、おわびと治療に関する相談を受けている。19日までに3181人を訪問したという。

     同社は4日から、該当する54品目を自主回収しているが、約9万個が利用者の手元に残っているとみられる。

     返品の送付先は〒254−0013 神奈川県平塚市田村9の8の7 株式会社カネボウ化粧品 お客様受付係。お客様相談窓口は電話0120・137・411。【大迫麻記子、松倉佑輔】

    ■ロドデノールを含んだ化粧品の使用後に生じた皮膚障害の診療が可能な57施設■
    ・旭川医科大学病院
    ・札幌医科大学付属病院
    ・弘前大学医学部付属病院
    ・岩手医科大学付属病院
    ・東北大学病院
    ・秋田大学医学部付属病院
    ・山形大学医学部付属病院
    ・福島県立医科大学付属病院
    ・埼玉医科大学病院
    ・杏林大学医学部付属病院
    ・順天堂大学医学部付属浦安病院
    ・順天堂大学医学部付属順天堂医院
    ・昭和大学病院
    ・帝京大学医学部付属病院
    ・東京医科大学病院
    ・東京医科歯科大学医学部付属病院
    ・東京慈恵会医科大学葛飾医療センター
    ・東京女子医科大学病院
    ・東京女子医科大学東医療センター
    ・国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
    ・日本大学医学部付属板橋病院
    ・防衛医科大学校病院
    ・横浜市立大学付属病院
    ・横浜市立大学付属市民総合医療センター
    ・新潟大学医歯学総合病院
    ・富山大学付属病院
    ・金沢医科大学病院
    ・金沢大学付属病院
    ・福井大学医学部付属病院
    ・山梨大学医学部付属病院
    ・信州大学医学部付属病院
    ・岐阜大学医学部付属病院
    ・浜松医科大学医学部付属病院
    ・愛知医科大学病院
    ・藤田保健衛生大学病院
    ・滋賀医科大学医学部付属病院
    ・京都大学医学部付属病院
    ・京都府立医科大学付属病院
    ・大阪医科大学付属病院
    ・大阪市立大学医学部付属病院
    ・関西医科大学付属枚方病院
    ・近畿大学医学部付属病院
    ・近畿大学医学部奈良病院
    ・和歌山県立医科大学付属病院
    ・川崎医科大学付属病院
    ・川崎医科大学付属川崎病院
    ・山口大学医学部付属病院
    ・徳島大学病院
    ・高知大学医学部付属病院
    ・九州大学病院
    ・久留米大学病院
    ・産業医科大学病院
    ・熊本大学医学部付属病院
    ・大分大学医学部付属病院
    ・社会保険中京病院
    ・富山県立中央病院
    ・国立病院機構 大阪医療センター

    毎日新聞 2013年07月23日 21時51分

    ////////////////////////////////



    以前にもあったな、こういう問題。
    「あきらめないで!」と訴えていた、洗顔用石鹸に含まれる小麦成分によるアレルギー。
    化粧品は女性にとって必需品なので使うなとは間違っても言う気はないけど、過度の使用は控えていいのではないか。

    ロドデノールはカネボウ化粧品が開発した医薬部外品有効成分。
    高いメラニン生成抑制効果があるとして美白化粧品に使用された。
    白樺の樹皮などに多く含まれている。

    皮膚から内部に浸透し、体内に蓄積される物質。
    自然には蓄積されないものだから体外に排出する機能を人間は持たない。
    それらが体内に貯まっていき、ある時突然発症する。
    これは皮膚からだけでなく食べ物でも同様に起きる。

    1970年ー1980年代に起きた問題は食器用洗剤に含まれる界面活性剤だ。
    現在でも界面活性剤は含まれているが、以前よりは少なくなっている。
    それでも肌が弱い人には指先の荒れは起きている。

    全てを否定しないが、化学物質を取り込むということは蓄積による問題を発症しやすくなる可能性があるということを知っておかなければならない。
    現代の人間の生活において、合成保存料によって長期保存が可能になった食品や加工品、それによって利便性を得て生きている生活なのだから。
    だから、余計なものを取り込んでしまうのを防ぐために少しの努力をしていいんじゃないかと思う。
    例えばコンビニ弁当で夕飯を済ますよりもキャベツ炒めて食べるとか、化粧水使わずに水分補給するとか。

    膠原病やリウマチという女性に多い病気はなにかしら余分な物質の蓄積によるものではないか?と思うところがある。
    化学薬品でできた化粧品を毎日使うし、甘いという感覚を取り込むことでドーパミンが増える女性特有の性質から甘いものが欲しくなる性質。それによって添加物の多い菓子・スイーツ物が食べたくなる欲求。
    スイーツを食べたかったら自分で作って食べればいいのだけど。

    でも、女性の方が耐性があるからこそ平均寿命が男性よりも長いんだけどね。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 美肌スキンケア
    ジャンル : ファッション・ブランド

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    120位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    56位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。