スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    宝くじ55万円「ハズレ」とうそ 販売員が詐取容疑

    福井県警坂井署は9日までに、客の男性(70)から数字選択式宝くじ「ロト6」の約55万円の当たりくじをだまし取ったとして、同県坂井市春江町針原、宝くじ売り場パート従業員、森川君枝容疑者(59)を詐欺容疑で逮捕した。

     逮捕容疑は昨年10月3日、坂井市の宝くじ売り場で、ロト6の結果を聞いた市内の男性に外れだとうそをつき、持っていた3等の当たりくじをだまし取った疑い。森川容疑者は当たりくじを当せん金約55万円に換えたことを認めているが「後で当たっているのに気づいた」と容疑を否認している。

     坂井署によると、男性は森川容疑者に「外れなので捨てておきます」と言われたという。帰宅後に結果を調べた男性が当せんに気づき、同署に届けた。

     男性は毎回、同じ数字を組み合わせたくじを買っており、森川容疑者が換金したくじと組み合わせが一致していた。

    日本経済新聞 2013/1/9 9:37

    /////////////////////////////



    この宝くじ売り場パート従業員は後で換金しており、「換金したが、当選券を隠ぺいしたわけではない」と弁明している。
    このニュース、もう数日経っているので知っている人も多いが、詳細が明らかにされていない点が多い。

    現在、「ロト6」の当たりくじは機械で当落結果が確認できるようになっており、投票券を確認機に挿入すると投票結果を確認し、購入客にディスプレイ表示するシステムになっている。
    しかし、購入客には当たり表示がされていない、もしくは購入客はディスプレイ表示を見ていなかったと思われる。
    その後、通常は外れ券を購入客に返却するが返却されなかったために不審に思い、自宅で確認したところ、今回の問題が発覚した。

    いくつかのポイントがある。
    1つ目に宝くじ売り場パート従業員が機械に差し込んだ結果の当選結果を確認したが、購入客が画面を見ていないのを見て「外れです」と嘘を付き、外れ券としての返却をしなかった。
    しかも購入者が当たり結果画面を実際に見ていなかったのを目視し、捨てておきますと返却しなかった。
    2つ目は、宝くじ売り場パート従業員が事前に当選結果を把握していて、当たり券だと分かったので機械に差し込まなかった。
    そして外れ券としての返却もしなかった。

    1つ目の方が現実的だろう。日々訪れる客の当選確認は週単位で結果が違うため、事前に把握しておくのは困難であるため、2つ目の可能性は低い。

    今回の事件発覚要因は、購入客は定期的に購入しており、外れ券を返却するシステムであることを事前から承知しており、この時だけ返却されなかったことへの不信、次に、購入したナンバーの確認を自力で行ったことから当選していたことを把握し、相談した点。


    当選確認は宝くじも含め、まずは自分が当選番号を調べて確認しておくのが最良策なのだろう。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    304位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    135位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。