スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    TPP:交渉表明見送り 首相訪米、来月にずれ込み

    安倍晋三首相は、近く予定している米国訪問時に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加表明を見送る方針を固めた。事前協議の加速化などの意向を示すにとどめる。

     首相は1月の訪米を調整していたが、オバマ米政権の閣僚人事の全容が固まらず、歳出削減に関する米政府と議会の協議も続いていることから、2月にずれ込む見通しとなった。同月9〜11日の3連休とする案が浮上している。

     TPPの早期交渉参加には政府・自民党内で慎重論が根強い。政府高官は7日、「TPPは訪米の条件にはなっていない」と指摘した。首相は就任当初から慎重に対応を見定める姿勢を示しており、米国、党内双方と調整を続ける。

     首相は7日の東京都内の会合で「同盟関係強化のため、今年の早い時点で訪米したい」と意欲を示す一方で、「(米側は)大統領就任式、一般教書演説、財政の問題もあるので、幅広く日程を考えている」とも述べた。

     ◇ベトナムなどへ、首相が来週訪問

     一方、首相は7日、来週半ばにベトナム、タイ、インドネシア3カ国を訪問する方向で調整に入った。首相は就任後初の外遊を米国としたい考えだったが、結果的に米国以外となる。

     首相は日中関係の改善と同時に、日米同盟の強化や中国を囲むアジア諸国との連携による対中包囲網の構築を目指している。岸田文雄外相も9日からフィリピン、ブルネイなどを歴訪する予定で、首相は岸田氏と手分けしてアジア外交を強化する考えだ。

     また首相はスイスで23〜27日に開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)への出席を見送ることを決めた。

    毎日新聞 2013年01月08日 東京朝刊

    ///////////////////////////////



    TPPの大前提は各国間の関税撤廃による、自由な貿易だ。

    日本では減反政策による戸別補償制度を設けており、米を生産しない土地・休耕地への補償制度を敷いている。
    2013年度は米以外にも広げる動きがある。
    テレビ番組やニュースでは食糧自給率が40%を切ると言うが、金になる生産物に偏っていると言った方がいい。
    米は年々消費量が減っているのは事実で、余剰生産になってしまうための減反政策だが、田んぼの転産も進められている。

    国内での農作物生産調整を行っている中で、TPPに合意した場合、海外の安い米や農産物・工業生産物・医療薬などが日本製よりも安く作られた生産物が流れ込んでくる。
    この流れでは格安になる海外製が売れることになる。
    しかし、海外に進出した日本企業の製品も輸入品として扱うこともできるため、各企業間でも別の思惑がある。

    国内総生産(GDP)として計上できる生産量・売上量に貢献できないものよりも、純国産で国内販売される生産量(GNP)を伸ばすことが一番の国策だろう。
    実際には輸入でなく移入の扱いになるため、GDPに含まれているものもある。

    現実にGDPを伸ばすのは国内生産量であり、少子化・人口減少化が進む日本においては生産物を減らすことではなく、余剰生産物を海外に売るノウハウが必要である。
    ただ、TPPは業種によって有利・不利があり、一様にプラスになるとは言えない。
    農産物においてはほとんどが国内産よりも安く輸入・販売できるため、大打撃になるのは事実。
    他にも、輸入するための農産物には防虫・腐敗防止のための過剰な農薬投与の懸念がある。
    例えば、国内生産のトマトは残留農薬がほとんどないのに、輸入トマトにはたっぷりということが起きる。
    これは福島産の農産物を怖がる以上の危険レベルになる。
    でも国内産の半額だったりする。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    273位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    118位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。