スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    中国:共産党幹部が記事改ざん指示 記者ら辞任と謝罪迫る

    腐敗追及など改革を求める論調で知られる中国南部・広東省の週刊紙、南方週末が3日付の新年号で掲載予定だった記事が、メディアを管轄する同省共産党委員会宣伝部の※震(たく・しん)部長の指示で大幅に改ざんされていたことが分かった。同紙の元記者ら130人以上のメディア関係者が※氏に引責辞任と謝罪を迫る声明を発表。学識者らも抗議声明を出し、5日夜の時点で1700人以上が署名した。中国で記者がこれほど公然と反旗を翻す事態は異例だ。(※は席の巾が尺)

     複数の中国紙関係者によると、元の記事は「中国の夢、憲政の夢」と題した新年あいさつ。「憲政の夢が実現されて初めて、国家の自由や人民の自由を守ることができる」として憲法に基づく政治の重要性を訴えていた。しかし、発行記事では、「中華民族の復興が中国の偉大な夢」という習近平(しゅう・きんぺい)総書記の発言に沿った内容に書き換えられた。

     同紙の元記者らは4日、複数の書簡を発表。「メディアはいま最も暗黒の時期にいる」などと強く抗議した。編集部も2度にわたって抗議声明を出し、昨年1年間で書き換えや不掲載を命じられた記事は1034本もあったと明らかにした。

     抗議の広がりを受け、当局はネット上の取り締まりを強化。改ざん前の記事を投稿するなどした記者らの中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」は新たな書き込みができなくなり、南方週末に関する書き込みも次々と削除されている。他紙の記者らが転送を続けており、広東省の中国紙記者は「記者の間で、長い間の当局の横暴に対する反発が爆発している。何とか言論の自由を守りたい」と訴えた。

    毎日新聞 2013年01月05日 21時00分

    ///////////////////////////////



    全国人民代表大会(国会に相当)常務委員会は24日、インターネット利用者の個人情報の管理を強化する法案を審議した。
    匿名でなく実名による書き込みを強要する法案だ。
    名目上は、匿名による犯罪が多発しているからとしているが、実質的には、腐敗政治を暴く書き込みを封印するためだ。

    しかし、これに似た動きが日本でも起きている。
    東日本大震災が起き、福島第一原発事故が明るみになるにつれて、世間の政府に対する風当たりが強くなり、ネットでも辛辣に批判するサイトや書き込みが増加した。
    これを、風評被害を扇動するものとして書き込みを削除できたり書き込んだ人を罰することができる法律を可決した。
    ツイッターやフェイスブック、2ちゃんねるなどの匿名掲示板は監視下にある。
    また、FBIも日本のサイトを検閲している。2ちゃんねるも監視している。
    実際に罰せられたり、勝手に削除された例はないが、見られているということは認識しておいた方がいい。
    もちろん、ここも見られている。それを知った上で書いている。
    今現在、これまで書いた記事の内容について削除指示が届いたことはない。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 中朝韓ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    304位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    135位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。