スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    さいたま市、「ツール・ド・フランス」誘致へ

    さいたま市のスポーツ大会誘致組織「さいたまスポーツコミッション」(SSC)が、国際的な自転車レース「ツール・ド・フランス」の関連大会誘致の準備を進めていることが明らかになった。SSCは2011年10月の創設以降、次々にスポーツ大会やイベントの誘致に成功。国際大会招致にも力を入れており、スポーツを通じて経済活性化につなげる狙いだ。

     SSCは自治体が専門組織として設けた国内初のスポーツコミッション。スポーツ大会などの誘致・開催を通じて観光や交流人口の拡大を図り、地域経済の発展につなげることなどを目的とした組織だ。会場の確保・調整から交通や宿泊の手配、PR活動まで、大会やイベントの開催をワンストップで支援する。

     SSCはさまざまな規模の大会の誘致に取り組む。知名度の高い国際的な大会の誘致にも力を入れており、足掛かりとして12年7月、オランダ・ロッテルダム市のスポーツコミッションと連携協定を結んだ。

     大規模なスポーツ大会やイベントは大きな経済効果も狙える可能性がある。

    日本経済新聞 2013/1/4 22:48

    //////////////////////////////




    国際的な自転車レースの最高峰「ツール・ド・フランス」の名を冠した記念大会を、2012年10月下旬にさいたま市内で開催する方向で最終調整している。
    ツール・ド・フランスを主催する仏アモリ・スポル・オルガニザシオン(ASO)とさいたま市のスポーツ大会誘致組織「さいたまスポーツコミッション」は現在、最終合意に向け協議を進めている。
    ASOはツール・ド・フランスが今年で100回目の開催となるのを記念し、関連大会の国外開催を検討していた。
    さいたま市での記念大会は、高層ビルなどが立ち並ぶJRさいたま新都心駅周辺の市街地に設けた1周3~5キロのコースを周回する「クリテリウム」という方式のレースを想定している。
    ツール・ド・フランス上位の有名選手20~30人と、日本人選手を合わせた50人程度が出場する「エキシビション」として行われる見通し。
    関連大会がフランス以外で開催されれば初のケースとなる。

    テレビでしかレースを観たことが無いが、下り坂などでは時速100キロを超えるスピードで疾走する。
    もし目の前で観戦することができたらすごい迫力だろう。テレビ中継もしてほしい。
    できれば、単発で終わらず年1回位の開催をしてもらいたい。
    全国の自転車ファンが集まるし、経済効果もかなりあるだろう。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    309位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    134位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。