スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    築地市場移転、東京都が1年延期 土壌汚染対策長引く

    東京都は、2014年度中を予定していた築地市場(中央区)の豊洲地区(江東区)への移転を、1年延期して15年度中とする方針を固めた。移転先の土壌汚染対策が、当初の見通しより長引くためという。

     豊洲地区の用地では08年、国の環境基準の4万3千倍のベンゼンが検出され、都は11~12年度に586億円かけて対策工事を進めていた。だが、浄化する土の量が予測された約30万立方メートルから約4割増え、地中に想定外のコンクリート片も埋まっていたため、工事完了が13年度にずれ込むことになった。

     工期の延長に伴い、都は新年度予算に追加の対策費を盛り込む。また、今年度に発注する予定だった新市場の施設の工事についても、新年度に延期するという。

    朝日新聞 2012年12月31日17時24分

    /////////////////////////////////



    昭和10年に開場した築地市場は、施設の老朽化が進み、建物の一部が劣化により破損して落下するなど、安全性に多くの不安を抱えている。
    狭隘化も著しく、荷置き場所が不足し一時的に荷を屋外に置かざるを得ないなど、商品の品質・鮮度保持の徹底が難しくなっている。
    物流面においても、駐車場や荷さばきスペースが大幅に不足しているため、トラックの入場待ちや渋滞が発生、さらに、混み合った場内のいたるところで荷の積み下ろしなどが行われるなど、作業が非効率になっている。
    こうしたことから豊洲への移転を決めたが、土壌汚染が問題になり、遅れている。

    移転を急ぐ必要はない。
    1年と言わず、必要ならば何年でも延期してもらっていい。
    利便性のための移転であり、喫緊の理由で建設を急ぐ必要性はない。
    今後のことを考えれば、急いで移転して後々の問題を抱えるより、多少の遅れがあっても安全な土地で、今後の長きにわたる営業ができる市場として生まれ変わってほしい。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    120位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    56位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。