スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    論文不正:森口氏の元指導教官を懲戒処分 東京医科歯科大

    東京医科歯科大は28日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った臨床研究を米国で実施したと主張していた森口尚史(ひさし)氏(48)の論文で共著者となっていた同大の佐藤千史(ちふみ)教授を、停職2カ月の懲戒処分にしたと発表した。また、森口氏に支出していた研究費のうち、不適当と判断した約131万円の返還を、佐藤教授に求めた。処分は26日付。


    1_20121230160031.jpg
    森口尚史氏との共著論文に関する調査結果を説明する森田育男理事(右)ら


     同大の調査委員会は、森口氏が96〜12年に発表し、佐藤教授が共著者となっていた論文23本のうち20本で、研究に関与していなかったり、iPS細胞に関する専門知識がないにも関わらず論文の整合性だけをチェックして共著者に名を連ねたりしたと結論づけた。また、森口氏の国外旅費や学会参加費、論文校正料を支給。大学の名誉を著しく損ねたとして、佐藤教授の懲戒処分を決めた。

     調査委は11月末、森口氏に出席を求めたが、体調不良を理由に欠席したため直接事情を聴くことができなかった。同大は学外の森口氏については責任追及をしない方針という。

     佐藤教授は森口氏の大学院時代の指導教官だった。同大理事の森田育男調査委員長は記者会見で「佐藤教授は親心でやっていた。森口氏は恩師が処分を受けたことについて真摯(しんし)に反省してもらいたい」と話した。

    毎日新聞 2012年12月28日 20時35分

    ///////////////////////////////



    論文にあるようなiPS細胞の研究が学内で行われたことはなく、倫理委員会への申請もなかった。
    佐藤教授はこれらの予算の管理者だったが、そもそも研究に携わっていなかった。
    「研究者としてあるまじき行為」とする報告書をまとめた。

    まさに恩師に泥を塗る行為。こういう奴を世間として抹殺すべきだ。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    245位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    107位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。