スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    中央道笹子トンネル迂回路、元日から無料

    中日本高速道路の発表をまとめます。実際にはややこしい内容です。

    まずおさらいとして、笹子トンネル崩落事故により通行止めとなっている区間が上下線で違います。
    (下り線)大月JT-勝沼IC
    (上り線)一宮御坂IC-勝沼IC-大月JT

    発表内容は、本線である中央道の対面通行による上下線復旧と、枝分かれする中央道富士吉田線を渋滞緩和のために迂回利用した場合の措置です。

    <中央道笹子トンネルとその前後の走行について>
    1.笹子トンネルは、12月29日夕方より下り線を用いた対面通行(片側1車線)での開通を予定
    2.笹子トンネル内は上下線とも時速40キロ、トンネル外は時速50キロの速度規制

    <上下線の迂回路利用に対する内容>
    1.2013年1月1日0時から、中央道富士吉田線(大月IC-都留IC-河口湖IC)を上下線ともに無料
    2.ETC・通行券での利用を問わず、全ての車種を対象
    3.入口料金所を2013年1月1日0時前に通過しても、2013年1月1日以降に出口料金所通過で適用
    4.指定ICで一旦流出し、一般道を迂回して同一方向に指定ICから乗り継いだ場合に乗り継ぎ調整を行う
    5.通行券で利用の場合、流出指定ICで「高速道路通行止め乗継証明書」を受け取り、乗り継ぎ後の最初の
      出口ICで、入口通行券と一緒に係員に渡す
    6.ETCで利用の場合、一旦流出する走行と乗り継ぎ後の走行を、同一のETCカードで通常通りETC
      レーンを無線走行する。「高速道路通行止め乗継証明書」を受け取る必要はない
    7.24時間以内に再流入指定ICで乗り継ぐ事

    <下り線での迂回路に対する調整>
    1.流出指定IC(乗継証明書発行IC):(本線)相模湖・上野原・大月、(富士吉田線)都留・河口湖
    2.再流入指定IC:甲府昭和、韮崎(双葉スマートICは中型車・8.5m以下の車種でETC利用のみ)

    <上り線での迂回路に対する調整>
    1.流出指定IC(乗継証明書発行IC):甲府昭和、甲府南、一宮御坂(勝沼は現在流出不可)
    2.再流入指定IC:(富士吉田線)河口湖・都留、(本線)大月・上野原・相模湖

    <料金例(普通車通常料金)>
    ()内は差額
    走行例                     :平成24年12月31日以前:平成25年1月1日以降
    八王子→松本                  :4350円        :4350円
    松本→八王子                  :4350円        :4350円
    乗り継ぎなし往復料金の合計           :8700円        :8700円
    --------------------------------------------------
    八王子→河口湖→(国道137号)→一宮御坂→松本:3400円(-950円) :3850円(-500円)※
    松本→一宮御坂→(国道137号)→河口湖→八王子:4250円(-100円) :3650円(-700円)
    乗り継ぎ往復料金の合計             :7650円(-1050円):7500円(-1200円)
    ※1月1日以降の方が高くなるが、これは割引率が低くなるだけで割引が無くなるわけではないことを指す


    とりあえず、対面通行であっても迂回した方が高速料金は安くなる、ということである。
    しかし、走行時間がどちらが短くなるかは予測が不可能で、非常に読みづらい。
    トイレの問題や休憩も考慮し、料金も勘案すると高速道を降りて乗り継ぎ走行した方が無難かも知れない。

    以下は、中日本高速の正式発表です。参考にどうぞ。

    /////////////////////////////////



    中央道 笹子トンネル対面通行に伴う渋滞予測・迂回案内・無料措置による料金調整のご案内

    12月2日に、中央道笹子トンネル(上り線)において天井板の落下事故が発生し、9名もの方々がお亡くなりになりました。お亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆さま、被害に遭われた方々並びにご家族の皆さまに対し、深くおわび申し上げます。また、事故による通行止めや渋滞によって、地域の社会・経済に多大な影響を与えるとともに、多くのお客さまにご迷惑をおかけしていることにつきましても、重ねておわび申し上げます。

    笹子トンネル(下り線)は、12月29日夕方より下り線を用いた対面通行(上下1車線ずつ)での開通を予定しておりますが、年末年始には大きな渋滞が発生する恐れがあります。迂回ルートのご利用による交通混雑緩和にご協力をお願いします。

    また、2013年1月1日0時から、中央道富士吉田線(大月IC~河口湖IC)を無料とし、中央道富士吉田線と国道137号などを経由して中央道に乗り継ぎいただく場合の料金を、大月ICから国道20号を経由して中央道に乗り継ぎいただく場合の料金と同額とする料金調整を行います。

    1.対面通行による渋滞予測

    1)大月JCT~勝沼IC間をご利用されるお客さまのうち、首都圏⇔名古屋以西のご利用は東名へ、首都圏⇔長野県域のご利用は中央道⇔圏央道⇔関越道⇔上信越道などへの迂回を想定し、首都圏⇔山梨県域を昨年ご利用いただいたお客さまの約6割のご利用と想定して、12月30日~2013年1月末までの中央道の渋滞予測を見直しました。その結果、上下線とも対面通行の箇所を先頭に大きな渋滞が発生する予測となりました(別紙参照PDF)


    2)特に、年末年始の1月2日(水)には、対面通行箇所を先頭に45kmの渋滞が発生し、この渋滞の通過に4時間30分を要すると予測しています。

    ■対面通行区間における特に長い渋滞(15km以上)の発生予測

    1_20121228205659.jpg
    ※対面通行区間は片側1車線の通行のため、通常より通過所要時間の大幅な増加が見込まれます。



    3)小仏トンネルを先頭とした上り線の渋滞と相模湖IC を先頭とした下り線の渋滞は縮小または解消されると予測しています。

    2.迂回案内

     1)首都圏⇔名古屋以西をご利用のお客さまは、東名・新東名のご利用をお願いします。

     2)首都圏⇔長野県域をご利用のお客さまは、中央道⇔圏央道⇔関越道⇔上信越道⇔長野道のご利用をお願いします。

     3)周辺道路では交通混雑が見込まれます。広域的な迂回ルートの活用をお願いします。

    2_20121228210430.jpg


    3.無料措置による料金調整(対象車:ETC車、現金車を含む全車両)

    2013年1月1日0時から、中央道富士吉田線(大月IC~河口湖IC)を無料とし、国道137号などと中央道富士吉田線を経由して中央道に乗り継ぎいただく場合の料金を、大月ICから国道20号を経由して中央道に乗り継ぎいただく場合の料金と同額となるように調整させていただきます。これまでと料金が変わりますのでご注意ください。

    渋滞などにより大変ご不便とご迷惑をおかけし申し訳ありませんが、中央道富士吉田線を使った迂回にご協力をお願いいたします。

    なお、料金調整の終了日はホームページなどで改めてお知らせします。



    ■無料措置実施区間および料金調整の事例

    3_20121228205702.jpg
    ※2013年1月1日以降の料金調整概要はこちら(PDF)

    中央道の迂回ルートの利用にご協力ください(PDF)
    通行止めに伴う乗り継ぎ料金調整について

    中日本高速 2012年12月28日


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 社会ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    273位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    118位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。