fc2ブログ










    香取市の農家、制限従わずにホウレンソウ出荷

    千葉で出荷停止ホウレンソウ7900束販売

    千葉県は26日、国が出荷停止を要請するなどしていた同県香取市産のホウレンソウについて、一部の農家が要請に従わず、同県匝瑳(そうさ)市の八日市場青果地方卸売市場に出荷していたと発表した。

     県によると、伝票から確認された出荷元の農家は10軒で、4月1~22日に計約7900束を市場に販売した。流通先は確認中だが、多くは既に消費されたとみられる。

     県は出荷した農家と市場関係者を厳重注意し、聞き取り調査して流通経路を調べるとともに商品の回収を要請した。10軒中、連絡のついた9軒は「出荷停止を知っていた」と話しているという。

     市場への出荷数は最も多い農家で10日間で計約2200束、最少は1日で10束。26日に県のホームページに「出荷停止期間中に香取市のホウレンソウが出荷されている」という情報が寄せられ、調査した。香取市産のホウレンソウは普段は東京の市場に出荷され、首都圏のスーパーなどに流通することが多いという。

     香取市産のホウレンソウは、県が3月31日、一部から暫定基準値を上回る放射性ヨウ素が検出されたとして出荷自粛を要請。国が今月4日に出荷停止対象とした。出荷停止は22日に解除されていた。

    SANSPO.COM 2011.4.27 05:03

    ///////////////////////////////////////////

    さらに3500束販売 出荷停止のホウレンソウ

    国が出荷停止にするなどした千葉県香取市産のホウレンソウが、八日市場青果地方卸売市場(同県匝瑳市)を通じて販売された問題で、新たに約3500束が出荷、販売されていたことが28日、同県の調査で分かった。県によると、既に出荷が判明していた農家10軒のうち1軒と、別の農家5軒による出荷を新たに確認。これまでに分かっていた約7900束と合わせ、販売数は11379束になった。市場からの販売先は27業者で千葉県内が大半だったが、東京都内の青果店3店に計1700束、横浜市の青果店にも423束が販売されていた。回収できたのは12束だけで、ほとんどが消費されたとみられる。

    exciteニュース 2011年4月28日 20時29分

    ///////////////////////////////////////////

    出荷制限無視は「生活困る」から…大半高齢者

    千葉県香取市の農家10戸が出荷制限に従わず、ホウレンソウを匝瑳市の八日市場青果地方卸売市場に出荷していたことを受け、香取市の宇井成一市長と同市場の泊元明社長は27日、県庁で記者会見し、出荷していた生産者は70~80歳代が大半で、うち1人が「生活が困るのでやった」と話していることを明らかにした。

     また、ホウレンソウの主な流通先は匝瑳、旭市や多古、横芝光町の青果店で、東京都内の青果店にも流通した可能性があることが判明、同市場などはさらに追跡調査を進める。

     県と市のこれまでの調査によると、農家の1戸がホウレンソウを同市場に持ち込んだうわさが広まり、別の農家も追随して出荷したとみられている。10戸が共同で出荷を画策したり、特定の農家がほかの農家に出荷を持ちかけたりした形跡はなかったという。生産者には複数の農協組合員も含まれ、全員が「ホウレンソウが出荷制限の対象とされていたことは承知していた」と、改めて認めたという。

     一方、県は26日、同市場が、ホウレンソウが香取市産だと知りながら受け入れていたと発表していたが、泊社長は、受け入れの際に生産地を確認していなかったことが今回の問題を引き起こしたと強調した。入荷伝票には生産者の屋号の記載欄しかないため、入荷の際、ホウレンソウの産地を確認する仕組みが存在していなかったといい、泊社長は「手落ちだった。監督不行き届きで、深く反省している」として謝罪した。

     会見に先立ち、宇井市長と泊社長は森田知事を訪ねて謝罪した。会談は約8分間で終了し、森田知事は「残念なこと。法に基づいて決まったことは皆が守らないといけない」と語っただけで、宇井市長と泊社長に問題について深く質問することはなかった。

     また、香取市農政課は取材に対し、今回の経過を説明。市は、旧佐原市を除く市内産のホウレンソウが出荷自粛の対象となった3月31日には対象地域の生産者団体に出荷自粛を要請、市全域でホウレンソウが出荷制限となった4月4日には、畑作農家の約4100戸に対し、農業者団体を通じて文書を配布したという。

     同課は「出荷制限が守られているかどうかは確認していなかったが、現実問題として、そこまでは確認できない」と話し、今後、再び出荷制限となった場合には従うよう、改めて生産者に徹底する方針という。

    2011年4月28日11時14分 読売新聞

    ///////////////////////////////////////////



    とうとう出てしまったか。こういうニュース。
    正直、悲しいよな。

    本気で首都圏・東北産の農産物は食べてはいけない状況になってきている。
    3月中に出荷された野菜は、葉の表面や裏面から吸収・付着した放射性物質の数値が検査に引っ掛かった。
    しかし、検査前に水で洗ってから検査しているため、内部に浸透している被曝量である。
    4月以降は、土から吸い込んでいるため、葉だけでなく茎や根にも充満している。
    そのため、茹でても除去は難しくなっている。

    今後、農家は直接出荷が厳しくなるため、次の手は企業と専売契約している農家に安く卸す方法だ。
    「あいつは企業に直接卸しているから売上が確保されているよな」とぼやきをつぶやくだろう。
    だから、少しでも高い売り上げにするために、それら出荷物に混ぜてもらうという魂胆だ。

    危険度が高いのは、
    1.農産物の宅配システム
      問題が発覚した生協・COOPのパルシステム、らでぃっしゅぼーや、ヨシケイ、オイシックス、ミレー等。
    2.大手スーパー
      ダイエー、イオン、イトーヨーカドー、サミット、ピーコック、オーゼキ等。
    3.飲食店を経営している会社
      ワタミ、白木屋(モンテローザ)等。
    4.コンビニや総菜を多く扱う業者
      コンビニ全て。大手弁当会社はオリジン弁当、ほっともっと等。
    5.加工食品
      コンビニ弁当、お惣菜は加工品。スーパーも同様。冷凍食品や中間加工食品も同様。
    6.外食店
      ほとんどが産地を表記していない。表記があっても国産・外国産を謳い文句にしている。
    6.中部地方以西や北東北より北の産直ネットショップ。
      想定したくないが、転売。商品は移動することなく実際の産地から発送される。
    上げればキリがない。八方ふさがりのような状態だ。

    くれぐれも念を押して言うが、これらに関連する業者全てを指して「悪」と言っている訳ではない。
    可能性が高いということだ。



    では、どうやって守るか?

    1.外食しない
      産地が分からない。偽装どころか、安い卸値に喜んで買い込んでいる店があってもおかしくない。
    2.大手スーパーで買わない
      個人店舗や小規模で展開しているスーパーで買い物をする。できれば、日によって産地が変わる店。
    3.加工品を買わない
      商品の重量順に表示されているが、産地までは記載されない。中国産も千葉産も同じ扱いで表記されない。
    4.中部以西・北東北・北海道の直売所を利用する
      日々の生活には全くはめる事ができないが、毎週末出掛けて買い物をする。
    5.実家や地方とのつながりで買う
      放射線量の少ない地域に実家がある人や知り合いがいる人は、そこから送ってもらう。


    でも、実際は収入に応じた対応をするしかないというのが現実。
    「そんなこと出来る訳ねえだろ!」という人が多いのも事実。

    首都圏に住んでいる人達は、いいも悪いも含めて「一番消費が多い地域」であることを自覚するしかない。
    そのため、怪しいものも含めて売られていることを知った上で買うしかない。


    海外から来ていた外国人が自国に帰った対応は、心苦しいが、それが一番だとも言える。
    過剰反応だと言っているのは日本人だけだ。
    アジア圏は違法農薬の残留量の問題で危険が多いが、欧米圏では自国に戻るのが一番だと思える。


    東京に住んでいる身として書いていて悲しいが、危険度を直視することから考えなければならないと思う。


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 放射能ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    03 | 2024/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    80位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    42位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR