スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    遺伝子組み換えサケ「環境に影響ない」 FDAが評価案

    通常の2倍の速さで成長する遺伝子組み換えサケについて、米食品医薬品局(FDA)が21日、「環境に重大な影響は与えない」とする環境影響評価案を公表した。60日間のパブリックコメント期間を経て、食品として承認するか最終判断する。承認されれば動物では初めてとなる。

     大豆などの遺伝子組み換え品が広く流通する米国でも作物以外の食品の例はなく、消費者団体などから根強い反対がある。FDAは養殖施設から逃げないための封じ込め措置が取られ、仮に逃げても不妊処理されているので自然界で繁殖する可能性はほとんどないと判断した。

     アトランティックサーモンにキングサーモンの成長ホルモン遺伝子などを組み込んだ。開発した米アクアバウンティ・テクノロジーズ社(マサチューセッツ州)によれば、味は野生のサケと変わらないが、養殖の効率が上がり、環境に与える負荷も小さいという。

    朝日新聞 2012年12月22日10時57分

    ///////////////////////////////



    マサチューセッツ州のバイオテクノロジー企業、アクアバウンティ・テクノロジーズ社が開発した。
    タイセイヨウサケ(アトランティック・サーモン)に成長の早いキングサーモンの成長ホルモン遺伝子を組み込んでいる。
    それに反対する専門家からは批判をこめて「フランケンフィッシュ」と呼ばれている。

    遺伝子組み換え食品が、健康上の問題につながるかについては科学的に証明されておらず、政府はそのような最新技術への研究を怠っているという批判の声もあがっている。
    遺伝子組み換えのサケが市場に出回ることに反対する人たちは、これらのサケはアレルギーの原因になり、ホルモンバランスが崩れたり癌を引き起こす原因になるとしているが、FDAはこのような意見を「根拠のないもの」としている。


    アメリカで認可されれば、日本でも認可されることになり、安いサケが市場に出回ることになる。
    とりわけ回転寿司はこぞって使うことになるだろう。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 海外ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!


    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    245位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    107位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。