fc2ブログ










    外人は来ない保安院・東電の会見

    外国の記者を相手にした保安院と東電の会見には、最近、記者1人、説明側10人ということが続いたが、4月25日、ついに誰も記者は来なかった。


    untitled_20110428202526.jpg



    無人の記者席に向かって、「誰もいないのに」説明をするという非人間的なことをする保安院の役人の姿が印象的だった。
    海外では福島原発の事故についての関心は強い.関心が強いので、保安院や東電の記者会見に出ても、ウソを教えられるので、聞いても意味が無いのだ。

    日本人として哀しい。

    日本人の記者会見は相変わらず盛況だ. 事実と違うことを聞いても政府の言うことなら「黒も白」なのだろう。

    ・・・・・・

    ところで、時々、日本社会には「悪魔の言葉」が出てくるが、
    「自分だけ生きようとは思わない」
    という驚くべき言葉がはやっているらしい。そしてマスクをしたりして放射線に対して防御している人に、
    「あいつは自分だけ生きようとしている」
    と非難すると言う.
    今の状態が「放射線が強く、生きるのが難しい」と思うなら、防御したり、避難したりするべきで、自分で危ないと思っているのに、子供を道連れにするというのはどういうことだろうか?
    なぜ、放射線が強い地域でも防御しないのか、少し理解できたような気がするが、自爆するなら自分だけがして欲しい。
    「あいつは自分だけ」というところが、残酷で感心しない言葉である.

    (平成23年4月26日 午前11時 執筆)

    ///////////////////////////////////////////



    「嘘つきな日本政府」と外国がそっぽを向いた。
    無視や批判よりもひどい。話を聞いた上で無視や批判ならまだいいが、

    外国は話を聞こうとしなくなったのだ。

    国家戦略とか世界の主導権を取るとか、そんな事言っていられる事態じゃない。
    これ、政府だけではないぞ。原子力の専門家もだ。
    日本の研究・開発や論文も相手にされなくなる。
    日本の最高学問の「東大」の教授が嘘をばらまいたから、もう相手にされない。
    国内よりも海外の方が、政府や学者が嘘を付いた事実を直視している。
    まともな外交のテーブルに着けなくなるし、日本の学者が発表する論文は海外では評価対象から外される。
    国内のポジションキープに終始した政府、利権に乗っかった学者。
    結果、国内どころか外国でも地位を落とした。
    これ、自滅だな。


    関連記事
    スポンサーサイト





    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : 原発事故
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    03 | 2024/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    52位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    28位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR