スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    相互リンクでSEO∞から





    骨粗鬆症予防にミカン 黄色い色素が骨を増やす

    ミカンをよく食べると骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を予防できるらしいことが、果樹研究所の杉浦実主任研究員らの研究でわかった。ミカンを黄色くする色素であるβクリプトキサンチンが、骨を増やしたり、減少を抑えたりしていると考えられる。20日付米科学誌プロスワンで発表した。

     女性が閉経してホルモンのバランスが変わると、骨粗鬆症にかかりやすくなる。一方、杉浦さんらが温州ミカンの産地の一つ、浜松市の三ケ日町地域で行ってきた研究で、ミカンを多く食べる女性は患者が少ない傾向もわかっていた。

     そこで、この地域の閉経後の女性212人で、βクリプトキサンチンの血中濃度と骨粗鬆症の関連を調べたところ、ミカンを毎日4個食べることに相当する血中濃度の人は、ミカンを食べない日がある人よりも、骨粗鬆症にかかるリスクが92%低いことがわかった。

     果物などに含まれる色素の骨粗鬆症予防効果が明らかになったのは世界で初めてという。

    朝日新聞 2012年12月22日7時30分

    /////////////////////////////



    ミカンをよく食べて骨粗鬆症を予防。
    これは朗報だ。

    昔から「風邪の予防に良い」と言われるが、これはビタミンCやシネフリンといった風邪の予防に有効な成分が多く含まれているからである。また肌荒れ予防にもよい。

    果肉の袋(じょうのう膜)には便秘改善の作用があるペクチンも多く含まれている。
    さらに袋や白いスジには、フラボノイドの一種「ヘスペリジン」が含まれていて、高血圧や動脈硬化を予防する効果があるといわれる。

    カロテノイドの一種である「βクリプトキサンチン」の含有量は果物の中でトップクラス。βクリプトキサンチンは体内でビタミンAとして働き、消化器官や視力を保持してくれる。
    また、βクリプトキサンチンは強力な発ガン抑制効果があるとの報告が果樹試験場(現・果樹研究所)・京都府医大などの共同研究グループによってなされ、発がん抑制作用や老化予防にも期待されている。

    ミカンの外皮は食べない人が多いが、よく洗って細かく切り、炒めて水分を飛ばして砂糖をまぶした菓子がある。
    また、乾燥して砕いたものは陳皮として漢方に用いられる。
    日本では七味唐辛子の原料としてよく使われる。
    外皮は他にも、油を分解するリモネンという成分が含まれ、台所用洗剤として使われている。
    外皮を手でつかんでガスレンジ付近を拭くだけでも比較的簡単に油を落とせる。


    みかんは子供の頃から好きで、こたつに入って緑茶を飲みながら食べるのが冬の習慣だった。
    学校給食では冷凍ミカンが多かった。あれは冬には冷たすぎるが。
    皮をギュッと絞ってミカンビーム攻撃はよくやったし。
    あと、みかん色になる子もいて「みかんちゃん」と呼ばれてたな。
    一時的に肌が黄色くなるのは柑皮症と言うが、症状は一時的なもので、健康に悪影響はない。


    関連記事
    スポンサーサイト


    相互リンクでSEO∞から

    テーマ : ニュース
    ジャンル : ニュース

    コメントの投稿

    非公開コメント



    電力使用状況&電気予報
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新コメント
    最新トラックバック
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ニュース
    273位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    時事
    118位
    アクセスランキングを見る>>
    アクセスカウンター
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。